プロジェクト本文

10388769_616523618424955_1938244935_o

追加画像1

▼目次(長文です)

1.お礼と日本最高記録
2.オープン日について
3.オープニングイベントについて
4.おすすめの本と秘密のグループについて

▼お礼と日本最高記録

クラウドファンディングの開始からちょうど一ヶ月がたちました。

みなさまの応援のおかげで、すでに
900人以上の方々から、
600万円を超えるご支援をいただいています。
本当に、本当にありがとうございます。

一ヶ月前はこんな反響をいただけるなんて、
夢にも思っていませんでした。

『わたしもこういうことがやりたかった』
『こういう場所があったらいいなと思ってた』
『本に囲まれてお酒が飲めるなんて最高』

こういったコメントを何百、もしかしたら千に達する数、頂いています。
もちろん、一つ一つ全て目を通させて頂いていますし、
正直、コメントを読んでいて何度か泣きました。
今までの人生で、こんなにも人に応援してもらえたことって本当にありません。

また、今まで生きてきた中で、
周りにこんなにも本好きの人がたくさんいることを感じたのもはじめてです。
ひとりの本が好きな人間として、
『世の中には、こんなに本が好きな人がたくさんいたんだ』
ということにあらためて気づけて、とても嬉しく思っています。

そして今、僕だけじゃなく、世の中にいるたくさんの人たちに、
『本が好きな人がこんなにたくさんいること』
『本って楽しいよ』
っていうことを、届けられたらな、と思っています。

すこし話が変わりますが、
これまで、日本のクラウドファンディングで最も応援されたプロジェクトは、
1212人の方からのご支援を集めたそうです。

今、“森の図書室” は、913人の方々からのご支援を頂いています。
もし、残り4日であと300人の方からご支援を頂くことができれば、
1213人となり、日本の最高記録となります。

本当におそらくですが、
日本の最高記録にもしも達することがあれば、
今までもっとも多くの人が共感してくれたプロジェクトとして、
より、世の中の多くの人に

『本が好きな人がこんなにたくさんいること』
『本って楽しいよ』

を届けられるのでは、と考えています。

もしよろしければ、終了まで残り4日、
より一層のみなさまの応援をお願いできないでしょうか。
(すでに身の丈にあわない十分な応援を頂いています)

興味はあるけどまだ支援してないよ、という方。
もう支援をしているけれど、友達の分も応援してもいいよ、という方。
※500円のドリンクチケットをご友人のために使用することができます。
 もちろん、お一人様で何枚も使うことも可能です。
(普通にご来店するよりも倍以上お得です)
どうかご支援をお願いできないでしょうか。


そして何より、応援して頂いている方々と、
森の図書室でお会いできるのを心の底から楽しみにしています。

▼オープン日について

本当にごめんなさい。
5月末を予定していたのですが、
工事の途中で木材が足りなくなったり、
色々と想定できていなかったことが多発したため、
オープン日を6月16日(月)とさせていただきます。
ぼくの見積もりが甘く、ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。

そして、その前後でテレビや各種メディアに取り上げていただく予定があり、
ありがたいことに混雑する可能性があります。

もちろん、たくさんの方に来て頂けるのは大歓迎ですし、本望なのですが、
メディアに出たせいで、
“森の図書室” に早い段階から興味をもってくれて、
クラウドファンディングで支援までして頂いた方が、
混みすぎて入れなくなってしまうのは、
自分だったら『なんだかなー』と思ってしまうし、
避けたいと思っています。

つきましては、メンバーと相談を重ねた結果、
6月いっぱいは、ご支援いただいたパトロン様と、そのご友人様のみ、
来店可能とさせて頂くことにしました。
どうぞ、ご理解ください。

ぼくもスタッフも初めてのことで、
至らない部分が多いかと思いますが、
みなさまにお会いできるのを本当に楽しみにしています。
いらっしゃった際は気軽に声をかけてやってください!

▼オープニングイベントについて

オープンにさきがけて、
6月13,14,15日(金,土,日)にパトロン様限定で、
5回、オープニングイベントを行います。

後日、応募フォームの広報をさせて頂きますが、
・6月13日(金)20時〜 (立食)
・6月14日(土)15時〜 (読書)
・6月14日(土)19時〜 (立食)
・6月15日(日)13時〜 (立食)
・6月15日(日)17時〜 (読書)
の日時で行う予定です。

※イベントは5回行いますが、いくつ申し込んでいただいても大丈夫です。kあ
また、イベントは。
■いわゆる立食パーティー
■読書をからめたパーティー
の二種類を行います。

立食パーティーの方は、いわゆるパーティーです。
大勢でわいわいするのが好きな方が楽しみやすいのかな、
と思っています。

読書をからめたパーティーにつきましては、
すでに本が好き。
あるいは、本を読んでみようと思っている。
という方々が、1人でいらっしゃっても、そこで読書仲間を見つけることができるような、
読書イベントをからめたものにしたいと思っています。

もちろん、両方に参加していただいても大丈夫です。

ちなみに僕は、たまに華やかなパーティーに呼んでいただくと、
所在なくなってしまうことが多いので、
自分だったら読書をからめたパーティーの方が楽しめるのかなぁ、なんて思っています。

▼おすすめの本と秘密のグループについて

プロジェクト終了後に、
キャンプファイヤーのアカウント宛に、
メールをお送りさせて頂きますので、
そちらをご参照ください。

すでに何件かお問い合わせをいただいているのですが、
ぼくの伝え方が悪く、お手数をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。

また、友人と一緒に行きたいのだけれども、
友人の分の支援もしていいのか?という声も頂いております。

その場合、500円のリターンを複数回購入すれば、
友人様が利用する、ということも可能ですので、
もしよろしければご検討ください。
(500円のリターンは普通に来店するよりも倍以上お得です)

▼最後に

プロジェクト終了まで残り4日となりました。
大きな反響を頂いていますが、
まだぼくは何も成し遂げていません。

▼ご支援してくれた方へお願い

・5000円以上のご支援をして頂いた方は、応援コメント欄に
 『おすすめの一冊』をお書きください。
 図書室に置かせて頂きます。

※すでにご支援いただいた方は、
 プロジェクト終了後にこちらから確認のメールを送らせて頂きます。

頂いた反響は、みなさまからの期待だと思っています。
みなさまの期待を裏切ることのないよう、
全身全霊頑張りますので、引き続き温かい目で見守ってやって頂けましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。
森 2014/5/26

1

1.自己紹介とぼくの夢
2.どんな図書室ができるのか?
3.お金の使い道
4.みなさまへのリターンについて
5.最後に

2

はじめまして、森と申します。
今回ぼくには成し遂げたい夢があり、
クラウドファンディングに応募させていただきました。

その夢とは、『渋谷に夜の図書室をつくること』です。

森の図書室2

幼稚園のころから、外で運動するよりも家で本を読むのが好きで、
小学生のころは、「図書室の本を全部読んでやる!」と意気込むような子どもでした。

そんなぼくが中学生のころから持っていた夢が、
『いつか、自分の図書館をつくる』
ということです。

中学生のときに読んだ本の中に、
田舎で私設図書館をつくったおじいさんが出てきたのですが、
自分の好きな本に囲まれる暮らしを想像し、それに憧れました。

とはいえ、図書館をはじめるにはお金がかかるし、
なにより儲かりません。
もし実現するとしても、おじいちゃんになった後。
万が一、生活に余裕があったらだなぁ。
なんて思っていました。

しかし、大人になり(5月で30歳です)、
少しずつではありますが社会を知っていく中で、
もしかしたら、図書室をやりながらでも、
自分がなんとか食べていくくらいのお金を稼ぐことができるのでは?
と考えるようになり、
今回、渋谷に図書室をつくることを決意しました。

4

ぼく自身、しばらく渋谷に住んでいたことがあるのですが、
最寄りの図書館は駅からすこし離れていますし、
19時には閉館してしまいます。

渋谷に行ったときに気軽に立ち寄れる。
仕事帰りでも立ち寄れる。
飲みに行ったついでに本が借りられる。
そんな図書室があったらいいな、と自分自身感じていたこともあり、
渋谷駅から徒歩7分、道玄坂ぞいに、
翌1時まで営業する図書室をつくります。

また、大学生のころ読んだ本の記録をつけるようになってからは
毎年100冊以上の本を読んでいます。

「ちょっと本を読んでみようかと思ったけど、どの本がいいのかわからない」
という方には、読みたい本を探すお手伝いをさせて頂きますし、
ぼく自身、読んだ本についてお客様とおしゃべりもしたいです。

代官山蔦屋のコンシェルジュより本の知識があるかどうかはわかりませんが、
代官山蔦屋のコンシェルジュよりも気軽に話せる相手でありたいな、と思っています。

5
↑小学校の卒業アルバムです。

6
↑拡大したものです。

7

渋谷駅から徒歩7分、道玄坂ぞいに場所を置き、
18時~翌1時までオープン予定。
※スタッフの都合がつき次第、昼もオープンします。
約1万冊を蔵書予定で、
一冊一冊すべて、ぼくがちいさなプライドをかけて選書します。

8
↑場所はこの辺りです。
道玄坂ぞいなので、駅から一度も曲がる必要はありません。

みなさまに気にとめていただきたいのは、
この図書室は、
いわゆる「静かに本を読む図書室ではない」ということです。

図書室のみの営業では、運営ができないため、
収益は、会員制の飲食店としてまかなおうと思っています。

つまり、図書室でありながら飲食店である、ということです。
ブックカフェやブックバーのイメージが近いかもしれません。

9

本の貸出は飲食をされない方でも、どなたでも無料でご利用いただけます。
※本の管理をFacebook上のシステムで行うため、
Facebookの登録は必要です。

ただ、席のご利用は飲食をされる方のみとさせてください。
また、居酒屋と同じように、席料を設けさせていただきます。
席料は、
・会員様:    0円
・非会員様: 500円
・会員権:10000円 (更新:1年ごとに1000円)
を予定しています。

※会員制にするかどうかは最後まで悩んだのですが、
渋谷という場所柄、本当に色々な人が来る可能性もあることを考え、
『来てくれる方の居心地をキチンと担保したい』
という想いで、会員制という形を選ばせていただきました。

もちろん、飲食はせずに本を借りにくるだけの方も大歓迎です。
『耳をすませば』のような出会いが生まれたらいいな、なんて思っています。

コンセプトは、
~~~~~~~~~~~~~~
本が読めて、借りられる。
お酒が飲める。
音楽が楽しめる。
むかし遊びにいった、友だちの家のように気軽な空間。
~~~~~~~~~~~~~~
です。

本を読む人も、読まない人も、
お酒を飲んだり音楽をききながら、和気あいあいとした時間をすごせる。
そんな場所でありたいと思っています。

10
↑本当に簡単なイメージで作ってみた模型です。

模型だと狭く感じますが、実際は35坪≒115㎡≒70畳の広さで、
席はゆったりと40~50席、立食パーティーであれば100人以上入ります。
デザイナーさんや施工業者さんの力で、もっとずっとカッコ良くなる予定です。
室内は暖かみのある無垢の木材で統一。
天井はコンクリート打ちっぱなしでデザインしています。

11

みなさまにここで、お願いしたいことがあります。

現在、物件が決まり、内装業者様にも工事を依頼。
図書室は着々とオープンに向かっているのですが、
本を揃える資金がすこし不足しています。

運良く 「広さ・アクセス・周辺環境」 などが素晴らしい物件にめぐり会えたため、
予定よりもほんの少しだけ背のびをした物件を選んだ。
というのが、その理由です。

19m+6mの本棚に、
約1万冊を蔵書予定なのですが、まだまだ本が足りていません。

おそれいりますが、
図書室を本でいっぱいにするお手伝いをしていただけないでしょうか。
どうぞ皆様のご支援よろしくお願いいたします。
※もしも募集金額を上回った場合は、
みなさまが図書室でより良い時間を過ごしていただくための
設備の拡充に利用させていただきます。

12

13

物件はすでに決まっているため、
支援していただいたみなさまには、募集金額さえ達成できれば、
100%、5月末からリターンをお返しさせていただきます。
※早期割引と学生割引もご用意しています。

14

お好きなドリンク一杯+お席
+お礼のメッセージ


ビールからプレミアムウイスキーまで、
お好きな飲み物なんでも一杯とお席(一回限り)をご用意させて頂きます。
※有効期限は7月末までとさせて頂きます。

new16

17

ご希望の本を一冊お名前入りで、蔵書として図書室に収めさせていただきます。
+500円で設定された内容のリターン


ご希望の本の名前を応援コメントにお書きください。
※1 名前を書かないことも可能です。
※2 定価2000円以上の本をご希望の場合、ご相談とさせてください。

18

19

10,000円と同じ内容です。

学生様限定リターンです。
若い方の読書を応援したいです。
※初回ご来店時に学生証をご提示ください。
※社会人の方からのご支援は申し訳ございませんがご遠慮ください。
※社会人の方からのご支援のご返金は出来ませんのでご了承ください。

gazou17-100

10,000円と同じ内容です。

先着100名様の早期割引リターンです。

21

会員権(通常10000円・更新1000円/年)
+Facebook秘密のグループにご招待
+5000円で設定された内容のリターン

※会員権は初回利用時から1年間有効

■会員特典
1.席料の割引。(毎回500⇒0円)
2.入口ドアをカードキーで開けることができます。
(通常はインターホン呼出でドアを開けます)
3.本の貸出予約ができます。

■秘密のグループ
図書室をつくるにあたって、業務連絡、打ち合わせなどをしている、
非公開のグループです。
メニュー決めなど、ご意見お待ちしています。

22

23

1日室長体験
+10000円で設定された内容のリターン


※6月以降を予定しております。
サクセス後、ご希望の開始日をメッセージで伺います。
図書室の室長として森をこき使えます。
カウンターの中に立ってみたい方。飲食店の店長として友だちを呼んでみたい方。
ぜひよろしくお願いいたします。

24

図書室の入口ドアを広告スペースとして、一ヶ月間ご利用いただけます。
+30000円で設定された内容のリターン


※6月以降を予定しております。
サクセス後、ご希望の開始日をメッセージで伺います。
万が一、複数の応募があった場合、ご利用月はご相談させてください。

25

長い文章を最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございます。

昨今、読書離れがメディアで取りざたされることも多いですが、
このプロジェクトを通じて、
「本が好きな人間がこんなにいること」
「本をもっと手軽に楽しめる場ができること」
を多くの人に知ってもらえたら、と思っています。

もし、少しでもプロジェクトに共感していただけましたら、
FacebookやTwitterでシェアしていただけると本当に嬉しいです。

最後までお願いばかりで申し訳ありませんが、
温かい目でこのプロジェクトを見守っていただけましたら幸いです。

ここまで読んでいただいて、本当にありがとうございました。



↓オープンまでの色々を書いています。↓
https://www.facebook.com/morinotosyoshitsu

  • 活動報告

    オープニングイベント/メディア様内覧会について

    2014/06/10

    火曜日なみなさまおはようございます! オープニングイベントまで残り3日な森です!/(^o^)\コウインヤノゴトシー というわけで重要業務連絡です。 …

  • 活動報告

    重要連絡・今後の支援について

    2014/06/05

    5月29日、キャンプファイヤー最終日、 23時台にサイトへのアクセスが殺到しすぎて、 ページが固まってしまい、 支援したかったのに、支援ができなかった…

  • 活動報告

    重要連絡

    2014/05/31

    【重要連絡】 キャンプファイヤー最終日の23時台に、 『支援をしようとしたけれども、  ページが固まってしまってできなかった』 という声を…

レコメンド

  • 渋谷に、深夜1時まで営業していてお酒も飲めるまったく新しい「図書室」が誕生。プロジェクトの公開直後から数多くのメディアに取り上げられ、オープニングパーティーも大盛況でした。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください