活動報告

体験しよう、JamHouseの「暮らしの自給」

本日は炎天下の中、ウッドデッキ材の塗作業です。

 

オフグリッドTinyHouseの完成を待たず、次のプロジェクトに着手しちゃってます。

(これはいつもの悪い癖です)

 

「6月25日に、JamHouse天照のウッドデッキでBBQしたいっ!」

という方のご要望にお答えしようと、今日、明日と突貫工事です汗

(すっかり忘れてて慌ててます)

 

 

そう言えば、これまで作ってきたお店、シェアハウスもゲストハウスも、形にもなってないまま予約を受付けて自分のケツを引っ叩きながら形にしてきました(笑)

 

 

グータラな自分にとってその方が断然実現性が高いのです。

 

4年半前に作った京都のお店も、ゲストが来る数時間前までガリガリ内装工事をやってたのを思い出します。

 

部屋が散らかっているからと言って掃除を目的にミーティングするより、

「明日外から一杯人が来てBBQするんだよ。だからその準備をしよう!」

とした方がワクワク感が断然違うし、目的以上の成果が出たりするもんです。

経験上間違いなく。

 

 

今は、オフグリッドTinyHouseの先にある

JamHouse天照自体のオフグリッド化、

シェアハウスを母体とした、個室のモバイル化、

その具現化が少し見えてきた感があり、その見え隠れする光に向かってアクセルベタ踏みで自分を運転しています。

 

完成した商品を紹介するのではなく、

まだ具現化していない現実を、体験を通じて皆で作り上げていきたい。

自分のちっぽけな脳みそと身体で作るより、その方が創造を遥かに超えたモノが出来るに違いない。

変化していくJamHouseのタイムラインを、スマホの画面上だけでなく、実際に泊まったり、モバイルハウスに乗ってみたり、現在進行系で体感してもらいたい。

 

そんな旅に参加し、体感した皆さんのフィードバックを頂き、

今の自分の想像を超えたものを作っていきたい。

 

そんな想いでクラウドファンディングを始めました。

 

残すところあと2日。

 

皆さまの、未知なるライフスタイルの創造ツアーのご参加を、心よりお待ちしております!

 

Welcome Home♪

 

コメント