第4弾【佐賀県海外使節団】アメリカ西海岸で起業家精神を学ぶ!

現在の支援総額
¥103,000
パトロン数
7人
募集終了まで残り
30日

現在13%/ 目標金額750,000円

佐賀県海外使節団は、佐賀県にゆかりある高校生・大学生をアメリカ西海岸へ派遣し、起業家精神を学ぶ機会を提供するプロジェクトです。学生各々が夢に向かって目標を設定し、自らプロジェクトを組み立てることを特徴とします。 これからの日本を担う人材の育成と地域活性化のため、どうかご協力頂けないでしょうか。

8期生紹介②

こんにちは!早速のご支援ありがとうございます。

今回も8期生の高校生メンバーから1人紹介したいと思います。

 

1     自己紹介をお願いします。

弘学館高等学校1年 古庄和夏です。

 

2     なぜ佐賀県海外使節団に応募したのですか?

先輩の海外使節団についてのお話を伺った時に興味を持ち、視野を広げたい、挑戦したいと思ったからです。

 

3     佐賀県海外使節団を通して学びたいことは何ですか?

自分が将来したいことに対しての明確なビジョンをたてることです。また、様々な人とコミュニケーションをとることによって、様々な価値観を知ることです。

 

4     8期生のメンバーに期待すること、メンバーとしたいことは何ですか?

自分ではすることのできなかった見方・考え方などを知りたいです。また大学生は専門などがあるので、是非それぞれの専門についてのお話を伺いたいと思っています。

 

5     佐賀県海外使節団に参加するにあたり、不安なことを教えて下さい。

英語が通じるかどうかです。それと、今まで自分で全てのことをするなんてしたことがなかったので、迷惑をかけずにできるかどうかです。

 

6     佐賀県海外使節団に参加するにあたり、楽しみなことを教えて下さい。

様々な人とお話する上で自分が今まで知らなかったことをどのくらい知れるのだろうということです。

 

7     佐賀県海外使節団に参加するにあたり、今どのような準備をしていますか?

希望訪問先についての不足している知識を本などで学んでいます。また、できる限り英語を聴いたり、英文を読んだりしています。

 

8     8期生としての意気込みをお願いします。

まだまだ未熟者で知らないことも多いですが、自分なりに精一杯努力し、努力分今回の使節団で最大限学びたいと思います。

 

 

日本で生活していると英語を使う機会はやはり限られてくるので、積極的に英語に触れて使節団での学びを最大限に!という姿勢が伝わってきました。私自身、準備の量と得る量は比例することを使節団の活動を通して教えていただきました。

以上、廣津志保(7期)でした。