最新の活動報告一覧

66ec053b21e9c49b46469bad8cd55ecd.png?ixlib=rails 2.1

青年海外協力隊で東アフリカのルワンダで2年間活動後、ゾマホン駐日ベナン大使の甥ゾマホン・スールレレが代表を務める株式会社Africa NetworkとNPO法人AYINAの副代表を兼任。アフリカと日本を繋げるAfrica by African(アフリカ人によるアフリカ発展)の実現に向けて活動中。2015年にNHK番組「SONGS」、2017年にテレビ東京の番組「世界ナゼそこに?日本人」(http://www.dailymotion.com/video/x5atvp2)に出演。


・ツイッター:@Naikel0311
・NPO法人AYINAフェイスブックページ:https://web.facebook.com/ayina.org/
・NPO法人AYINAウェブサイト:http://ayina.org/ 


ー応援コメントー

「可哀想なアフリカの時代」はもう終わりを告げようとしています。いまだ世界に発信されるアフリカの情報は「危険・病気・貧困」などネガティブなイメージばかりです。絶対に解決しなければならない国際問題は存在し、そこには世界で全力で取り組むべきな一方で、アフリカから学ばせてもらう事も沢山あり、純粋に「楽しい」と思える事も沢山あることをアフリカ在住者としては1人でも多くの人に知ってもらいたい。今、それが一番できる日本人が稲川雅也くんだと思います。彼は「1人でも多くの日本人にリアルアフリカを知ってもらう」ということにフルコミットで取り組んでいます。彼が有言実行の人間だということは、彼の過去の経歴などを見ていただくとわかると思います。みんなで彼の新たな挑戦を応援しましょう。


ー稲川よりコメントー

NPOと会社の経営者でありながら、アフリカブロガーとしても有名なナイケルこと内藤獅友さんにはあらゆる局面で背中を押していただいております。私が(現在もですが)まだまだ無名で、活動を始めたばかりの頃から、その影響力を惜しげもなく使い日頃より私を激励していただきました。必ずこの企画も成功させ、胸を張ってご挨拶できるように尽力して参ります!応援コメントありがとうございました!

8a14f7af 58b8 4fa1 b56d 8af6eb065852.jpeg?ixlib=rails 2.1

おつかれさまです☺︎♡

上海 最終日ということで、いま空港から帰国するところです。。。wifi環境が安定せず、なかなか活動報告ができなかったのですが、


今日は上海でのグループ展、初日。オープニングに参加してきました!


参加できたのも、上海で思い残すことなくアートを吸収して楽しめたのも、支援して下さった方々のおかげです。
本当にありがとうございます!!!



8月のアートフェアで入賞して決まった

上海でのグループ展。

上海で世界のアートが集まるビエンナーレと、グループ展のオープニングに参加する為に今回のクラウドファンディングを計画しました♫


上海までの郵送費、展示代以外は、自費なので、プロジェクトご支援していただけるととても助かります。


現時点で 45万円達成、達成率180%!!
本当にありがとうございます!!


(現場レポートはパトロンさんに後日公開します。上海、めちゃめちゃ良かったので楽しいレポートになると思います!)


パトロンの方々に、ささやかですが上海プチ土産も買ったのでお楽しみにして下さい〜!


グループ展のオープニングも様々な方とお話できて、感想もいただけました。


ただ、上海展示用の作品が税関で止まってしまった為、

それらを東京での個展で展示したい、という次の目標として、ストレッチゴール個展資金『50万円』を目標にしました。

引き続き残り時間わずかですが、ご支援よろしくお願いします☺︎!!


帰国して、今日はご飯とお味噌汁を飲むのが楽しみです☺︎♡


豊田幼稚園

皆さん、こんばんは。

先ほど、65%を超えました。ありがとうございます!

前回の投稿の週から、昨日まで、全国各地での復興支援ライヴツアーのかたわら、

北海道の被災地にも慰問に行ってまいりました。

まずは、10月最終週からのお話を。

豊田の(株)深田倉庫さんの協賛で老人ホームや幼稚園(写真)の慰問を含む東愛知をツアーし、

合間には幸田町民会館でホールコンサートなどもありました。

(満員御礼!写真は幸田町民会館の館長と)

高齢者向けの公演でもあったので唱歌なども演奏曲目に入れたのですが、被災地への思いをナレーションしながら演奏すると、前列の高齢の男性のお客さんがすすり泣きしていたのが印象的でした。

その後、11月になり北海道に飛びました。

写真は掲載できないのですが、昼までは被災地や江別その他の学校を慰問し、

(上から江別大麻東小学校、江別ハイツセンターイングリッシュスクール、月寒オルタナアカデミー)

被災状況について伺いつつ、夕刻から夜は札幌方面へ向かい、各地で復興支援ミニライヴを行いました。

出身の江別にあるターンアラウンドさん、月寒のオルタナアカデミーさん、すすきののロックバー、9’sさんに伺って演奏をしました。9’sさんに関してはお店のベネフィットを兼ねたミニライヴで、震災後にあまりすすきのに人が出てこなくて大変だったお店に寄付をして帰りました。

その翌週は東北へ。仙台公演の後に、震災直後に北海道の復興支援募金という事でご協力いただいた一関市にお礼を言いに行きました。その道中でFM ASMOさんにも出演。

被災地の子ども達の教育支援についてお話をしていた時に、パーソナリティーの方が感極まっていたのが印象的でした。


次は演奏面の近況について。

(一昨日のツイートより)

最近のライヴを観ている方はお気づきかもしれませんが、実は最近、ほとんど親指で弾いています。叩くんじゃなくて、ネック寄りを撫でるように太く弾く方。
(残念ながら、youtubeにはありません)

「俺が、俺が!」とバキバキ弾くのが苦手。「どの音をどの帯域で出したら共演者の音が引き立つか」しか興味がなくて。
トレブルはもう10年以上前からゼロ。ベースもゼロ。ミドルもセンタークリックから2ミリカット。基本パッシブ。アクティヴの時もパッシブより小音。高低域も指先のコントロールのみ。

ソロの公演が多いから機材を沢山使うのが好きとか、目立つ音を出したがるとか思われがちですが、一人で2時間半飽きさせないようにする為に、指揮者的視点で自分のパートを分割しているだけで、むしろ音楽と関係ないトリックとか圧倒的に少ないです。だから人と演奏するときはパッシブ、シールド一発。

全部、パブリックイメージだけなんですよね、結局。

私の公演も、むしろ技巧がどうのとか関係ないところに楽しみの要素が入っているのは、直近で生でご覧になっている方にはご理解頂けているかと思います。ただ、私は無名なので(笑)それを幅広くお伝え出来ない。4200公演くらいしていますが、伝わらない。

しかしながら、それも含めて。ライヴに来た人だけがわかる”嬉しい誤算”です。

電波にのりにくいような事ばかりやっていますが、引き続き楽しんでいきましょう(笑)。

・・・で、昨日。
新作のスカイプミーティングをしていたんですが、こんなことを書きつつ、今回はコンパクトエフェクターをまた増やそうか、という話をしました。航空事情と体力的な事もあり、移動荷物も30キロ以内におさえていましたが、やはりそんな事言ってられないよねという話になり。機材を一新しようかなと。

新作の内容にも確実に反映されるはず。というわけで、20thアルバムは19th『ブルームーン』のオールパッシブ(ハーモニクストラックはダブ処理しましたが)、ノンエフェクトとは一転、11th『ベースデイズ』より前の危険な作品時代のエフェクトグニョングニョンピヤピヤに行って参ります。でもボトムは親指で深く沈みます。成功への清き一口をお願いいたします。 

現在は残り21日の段階で残り35%。まさにサクセスか否かギリギリの所を疾走中です。

引き続き、よろしくお願いいたします。

今沢カゲロウ


I7tn9qf4.jpg?ixlib=rails 2.1
emoitenさんがしょぼ喫ファンクラブ活動報告を行いました。

こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。
パトロンになると読むことができます。

I7tn9qf4.jpg?ixlib=rails 2.1
emoitenさんがしょぼ喫ファンクラブ活動報告を行いました。

こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。
パトロンになると読むことができます。