Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

これまでに1件のプロジェクトを投稿しています

  • 現在地:東京都
  • 出身地:未設定

「特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会」は、1972年に創立された、特定の宗教、政治、企業、団体には属さない、日本の国際協力NGOです。 私たちは、バングラデシュとネパールの貧しい人々の生活上の問題解決に向けた活動を、現地と日本国内で行い、「すべての人々がもつ豊かな可能性が開花する社会の実現」を目指して、活動しています。 「誰も取り残さない」をキーワードに、支援の届きにくい人々へ目を向け、 現在は「子どもの権利を守る活動」「災害に強い地域をつくる活動」に 注力しています。 バングラデシュでは、大きな活動のひとつとして、家事使用人の少女の支援センターを運営、児童労働を減らす取り組みを行っています。  今年で創設48年を迎えようとしているシャプラニールですが、この新型コロナウイルスの影響で、財政状況が著しく悪化しており、会の存続が危うくなる可能性があります。全国から寄せられるハガキや切手をはじめとする物品寄付がわたしたちの大きな活動資金源ですが、感染拡大防止のため、事務所を3カ月にわたり閉所したことや、郵便局業務の縮小による影響で、寄付の受付や換金作業が滞っています。また、現地出張の中止を余儀なくされたり、現地のロックダウンの影響によるプロジェクトへの打撃で助成金の収入減も見込まれています。  新型コロナが改めてあぶりだしたのは世界の貧困・格差という本質的問題であり、今直面しているのは、これまでも存在した、けど見えないことにしてきた問題です。アフターコロナの世界でこれからより必要になる、「誰も取り残さない」社会を実現するため、その活動を続けていくために、スタッフ一丸となって今できることに必死で取り組んでいます。  あらためて、わたしたちは「誰も取り残さない」。

支援者になっているプロジェクトはまだありません。