Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

これまでに1件のプロジェクトを投稿しています

  • 現在国:日本
  • 現在地:神奈川県
  • 出身国:日本
  • 出身地:岩手県

■八重樫東 1983年2月25日、岩手県北上市生まれ。黒沢尻工3年でインターハイ優勝。拓大2年時に国体優勝。2005年3月に大橋ジムからプロデビューし、06年に東洋太平洋ミニマム級王座獲得。11年にWBA世界ミニマム王座を獲得。13年にはWBC世界フライ級王座を獲得し、3度防衛。15年にIBF世界ライトフライ級王座を獲得し、日本人3人目の3階級制覇を達成した。  井岡一翔、ローマン・ゴンサレスなどとの激しいファイトスタイルから「激闘王」の異名を持ち、何度倒されても立ち上がる、泥臭くアグレッシブなボクシングスタイルは国内外で高く評価されている。また、アルバイトをしながら世界チャンピオンへと這い上がった生き様や、世界王者となった後も、強豪からの挑戦を逃げずに受ける姿勢に影響を受けた選手は少なくない。  大切にしている言葉は「懸命に悔いなく」。通算戦績は、35戦28勝(16KO)7敗。160㌢の右ボクサーファイター。昨年9月に引退を発表。現役時代から多くのトレーニング方法を実践し、食事やサプリメントの摂取についての見識も深い。豊富な経験と知識からつくりあげた独自の調整方法、減量方法はジムの後輩の「怪物」井上尚弥ら、多くのボクサーが参考にしている。 引退発表翌日の昨年9月2日に、(株)P&M Lab.を設立。「Physical」と「Mental」コーチとして後進の指導にあたりながら、アスリートのキャリアサポートを目的に軽貨物運送業にも力を入れている。

支援者になっているプロジェクトはまだありません。