Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

これまでに1件のプロジェクトを投稿しています

  • 在住国:日本
  • 現在地:東京都
  • 出身国:日本
  • 出身地:大阪府

光平哲也(みつひら・てつや)大阪府出身。 主に東京で映画やドラマの助監督として活動中。 参加作品に映画『釣りバカ日誌 18』『セカ ンドバージン』『RE:BORN』『新聞記者』、ドラマ『警視庁・捜査一課長』『刑事7人』『彼岸島』『黒革の手帖ス ペシャル拐帯行』『美食探偵』など。 2014年に自主製作作品 『About a Dream』で監督 デビュー。 2018 年初長編自主映画『ROAD』を製 作、新人監督映画祭に入選。 2020年中編自主映画 『薔薇色の人生』を製作、日本映像センター第12回 映像グランプリ入選。 2023年劇場公開予定の長編自主映画『ある日、ある女。』京都国際映画祭クリエイターズ・ファクトリー2021優秀賞、主演賞受賞、【TKFFC2021】広島こわい映画祭賞受賞、第23回ハンブルグ日本映画祭賞(JFFH2022)受賞トップ10選出、ブルックリン サイファイ映画祭TKFFC2021入選、ボーデン国際映画祭2022月間主演賞受賞、CKF国際映画祭2022月間主演賞受賞、 ブラックスワン国際映画祭2022月間実験映画部門卓越した功績賞受賞、 スウェーデン国際映画祭(SiFF.)入選、モントリオール インディペンデント映画祭入選、マスターズ オブ シネマ 国際映画祭入選、バルセロナ インディーズ フィルムメーカーフェスト•BARCIFFフューチャームービー 3部門ノミネート(オフィシャルセレクション、監督賞、ベストアクトレス)、メトロポリス映画祭 (イタリア・ミラノ)Best Feature Film(長編部門)入選 など他にも多くの映画祭に入選。

    支援者になっているプロジェクトはまだありません。