2019/01/28 18:01

皆さまご無沙汰しております。

ダカールから帰国した篠塚建次郎は、

モンテカルロラリーに参加すべく

先週末にフランスに再び旅立ちました。


ご報告が大変遅くなりましたが、先週1月19日の読売新聞朝刊で篠塚建次郎のアフリカエコレースの挑戦が取り上げられました。


本文より

「走る気持ちを満々にしてくれた13日間だった。帰国の飛行機では、来年の戦略を描いていた」


「100キロも走るとタイヤがスタック(砂に潜った状態)し始めた。原因がわからず自分の腕が落ちたのかなとも考えた」


篠塚のサハラ砂漠での奮闘が綴られています。是非ご一読ください!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?