2019/02/15 05:57

お疲れ様です!

365日路上演奏家、高橋のりえです。


「今年は暖冬で、よかったね」と言われましたが、あまり暖冬は実感できていません。。

寒い日はまだまだ続くので、皆さま体調管理はしっかり!万全の体制で!気持ちを強く持って!行っていただけると良いかと思います。笑



遅くなりましたが、2019年2月11日、

ついに1st mini album「眠りにつく前に」

リリースしましたー!


そして、同日1st mini album Release Liveに足を運んでくださった皆さま、本当にありがとうございました!そして、この企画に携わってくれた全ての方々に本当に心から感謝します。ありがとう。


リリースライブは京王井の頭線久我山駅にある、Craft Beer House borderというお店をお借りして開催しました!

昼公演・夜公演ともにたくさんのご来場、本当にありがとうございました!


昼公演では開放的な雰囲気で、ゆったりとした午後の昼下がりになるように。最後はアコーディオン奏者の玉那覇正樹さんとご一緒しました。

夜公演では、プロジェクターから壁に映像を映し出し、VJを取り入れるといった新たな試みをしてみました。音楽に合わせて変わる映像にも注目していただけたかと思います!

そして最後は、ベースとパーカッションの方々をゲストとしてお迎えし(その名もダブル・トシヤ)(2人とも同じ名前)(ほかに思い浮かばなかった)アコースティックバンドでお届けしました^_^


そして、最後の懇親会ではborder店長お手製のオードブルを振舞っていただきました!

豪華なオードブル、クラフトビールにも合う最高の締めになりました。。ありがとうございました(^_^)


とっても思い出深い、リリースライブとなりました。本当に、本当に、ありがとうございました!




2018年11月21日からプロジェクトを開始してから、今までにないスピードで色んなことが起こりました。30万円という大きな金額を目標に始まった時は、不安で胸がいっぱいでした。

でも、私が思っている以上の速さで皆さまからのご支援をいただき、更に10万円ストレッチゴールを設定させていただき、それも達成することができました。


これまでの人生で、一番「ありがとう」という言葉を使いましたが、それでもまだまだ足りないくらい皆さまへの気持ちが溢れています。

そして、出来上がった作品が届いた時は本当に、達成感と嬉しさで、さらに胸がいっぱいになりました。


今回、クラウドファンディングという形でアルバム制作が出来たこと以上に、”高橋のりえ”がまた一つ階段を登れたような、そんな気がしました。そして、もっともっと皆さまに喜んでもらえるような作品や時間、形に残るもの残らないもの、そんなたくさんの可能性をこれからも作り続けていきたい!

そう強く心に誓って、これからの活動の原動力にしていきたいと思います。



何度も絶望した。

自分が嫌になったし、何度も逃げた。

だけど、命の続きを書き足し続けていくかぎり、

その全てを受け入れていくしかない。

誰にも押し付けられてなんかしない時間を、私たちは「生きている」と胸に刻んで。


あなたが

“あなたの明日”を生きられるように、

眠りにつく前に

そっとあなたの心へ寄り添えますように。




今日(2019.2.15)で

365日路上演奏生活を始めて235日

残り130日


どんな肩書きがあっても、私は私です。

今後とも末永く、

“高橋のりえ”をよろしくお願いします。




秋田から上京してもう3年が経とうとしています。18歳の私は、こんなにたくさんの人が応援してくれるなんて、想像できてなかったよね。


本当に、みんなのおかげです。

有ることが難しいと書いて、有難う。


心から愛を込めて。










●お知らせ●

昨日、リターンの発送をしました。

皆さまの元へ、皆さまと一緒に作り上げた作品をお届けできるなんて、とっても緊張しています。

良ければ、聞いてみた感想を教えてくれると嬉しいです。よろしくお願いします^_^


◯ワンコーラスカバー動画・ワンコーラス作曲のプランを選択の皆さまへ◯

ひとつひとつ丁寧にお作りしています。時間がかかってしまい申し訳ございません。

2月中にメールアドレスに、順番にデータを送信しますので、もう少々お待ちください^_^




こんな感じで、活動報告もここら辺で終わろうと思います!

またお知らせがあったら報告ささていただきます!



それでは、

365日路上演奏家、高橋のりえでした!


またねー!


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?