2019/02/11 17:42

2017年夏、僕がカレーの活動を続けてきて、趣味から仕事に転換する大きなきっかけが2つありました。 

ひとつが「スパイスカレー研究部」。

そして、もうひとつが「20世紀をぶち壊す」をビジョンに掲げるクリエイティブ集団「NEWPEACE Inc.」が運営する「6curry」の立ち上げから参加し、代表シェフを任されたことです。 

共通の友人を通じて知り合い、新平君の家でカレーをつくりながら、作戦会議を何度も開き、「みんなを混ぜる、みんなが混ぜる」をキャッチコピーにした、カレーブランド『6curry』が生まれました。

2017年12月に店舗を持たない“ゴーストレストラン”として始まり、2018年9月に恵比寿に“完全会員制”という珍しいスタイルの実店舗「6curryKITCHEN」をオープンしています。今年はさらに、「NEWPEACE Inc.」のみんなとカレーを軸にした新しい体験を企画中です。

いつも既存の枠組みに囚われず世の中に変化を起こし続ける、代表の新平君に応援メッセージをいただきました!

 

1987年、富山生まれ。早稲田大学卒業後、2010年、(株)博報堂に入社。SNSなどを活用したクリエイティブ開発に携わった後、独立。「よるヒルズ」や「リバ邸」などコンセプト型シェアハウスを各地に立ち上げ、ムーヴメントを牽引する。またネット選挙運動解禁を実現した「ONE VOICE CAMPAIGN」などを主導。小泉進次郎議員を中心に自民党若手議員で作られた「小泉小委員会」では発信アドバイザーとして議論をとりまとめ、「レールからの解放」という全体コンセプトを生み出す。2014年、多様なクリエイターを集め、NEWPEACE Inc.を創業、代表に就任。

 

「一平ちゃんは普通にカレーをつくるのではなくて、ある種カレーをつくることを手段ととらえているんです。さまざまな世代、地域での交流など、僕が考えるカレーの可能性を最大限やりきっている感じ。やりたいこと近いし、じゃあ一緒にやろうよという感じで、僕の家でカレーをつくりながら作戦会議を開き、『6curry』が始まりました。

『POP START』の話を聞いて、カレーは交流を最大化するための装置としてとらえているんだなと思った。飲食ブランドを考えていくなかで出てきたのが「6curry」だし、一人ひとりのあり方を考えるなかで出てきたのが「POP START」なのかなって。

一平ちゃんは基本的にめちゃいい人。善人。僕は実験思考が強いので、こんなことやってみよう、あれもやってみようよ、というと、いつも否定せず、カタチにしてくれる。任せっぱなしなところあるんだけど、ちゃんとよりよい場にしていこうとか、アウトプットしてくれる。

 POP STARTも、裏切られるということはないと思うんですよ。“カレーの起業冒険塾”とかね、怪しい感じもあるし(笑)、一平ちゃんって誰やねんとか思われるかもしれないけれど、なんかおもしろそうと思ったら、気持ちを裏切るようなことはしないから、参加してみたらいいと思います!」

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?