2014/11/21 16:33
<iframe width="560" height="420" src="//www.youtube.com/embed/nRNnPcxs49M" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
Macでの利用例を公開出来る段階になりましたので公開いたします。

基本的にPodeaはWindowsOS下で動作するレーザー加工機ですが
同様な動作環境を用意できれば仮想環境下でも動作させることができます。
これだと、単純に仮想環境下で動きますよというアナウンスでしかないのですが

PodeaソフトウエアはMacユーザーの環境を想定し、より具体的にユーザーの使いやすさを
考慮して作るように努めています。



具体的には、Macを使用される方は当然Mac版のillustratorを使用されると思います。
レーザー加工機がWindowsで動作するのでWindowsマシンを用意する・・・までは
特に問題なく用意できると思いますが、さらにWindows版のillustratorを用意する必要がある場合
非常に負担が大きく、導入の壁になると思います。
(今回のデモ動画も最新版のイラストレータを使用していますが、体験版で動かしています)

本来レーザー加工機を使用すると思われるユーザー様は
クラフトマンだったり、デザイナーだったりすることが多く
本来はデザイン方面性が強くMacを使用される方が多いと思います。

このような問題を少しの工夫で乗り越えることができるならば
積極的に解決していきたいと思っています。

具体的な内容としては冒頭の動画をご覧いただければと思います。
各種仮想環境ソフトウエアの環境に依存しないように構成され
仮に複数の仮想環境を所有していても、同一のプラグインで動作します。
なおかつ、普段使用しているMacのイラストレータも使用できるよう設計されています。
こうすることで、新しく導入する必要があるものは仮想環境ソフトとWindowsOSのみとなります。

機械を使用する側は純粋なMacの環境で動いて欲しいと思う事でしょう。
機械を作る側は作るだけでも多くの工数がかかるため、複数の環境下で動作する
ソフトウエアというのはある一定以上の利益が見込める製品でないと実現できない現実もあります。

機械を作る側と機械を使う側、双方の意見を両立することは難しくとも
両面から見て最適解を考えていくのは一つの方向性として正しいと思っています。

MFT2014ではMac Book AirとWindowsタブレットを持っていきますので
いずれかの環境で動作させる予定です。
ご興味のあるかたは会場でお声掛け下さい。




この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?