2014/12/11 11:29
皆さん、大変長らくお待たせしました!!
先月中旬に上槽を済ませ、一日でも早く皆様に届けたいと日々準備を重ねてきました!
『二才の醸』は火入れと呼ばれる低温加熱殺菌を行っております。まだお酒に残っている酵素や酵母を失活させ、味を安定させるためです。
では、なぜ搾り上げてから今まで時間がかかったのか。それは火入れを行った際にでる「火冷め香」という良くない香りを抑えるためです。熱を加えるとどうしても酵素や酵母が失活する際にムレたような香りが出てしまいます。しかし、その香りは火入れした後すぐに冷却をし、ある程度の時間をおけば限りなく少なくする事が可能です。
搾り上がってすぐにでも出荷したい!!という逸る気持ちを抑え、出荷が出来るときを待ちました。そして先日、杜氏と二人で利き酒を行い「いける!!」と判断しました。
ちなみに写真左は無濾過生原酒です。無濾過生原酒は火入れや濾過等をいっさい行っていない状態です。低温で貯蔵し搾りたての状態を維持しました!

いよいよ最終行程です。ラベルを貼り、梱包を済ませたら随時パトロンの皆様へ出荷を開始致します。
今回のプロジェクトはありがたい事に大変多くの方からご支援を頂きました。一件一件発送ミスの無いよう、細心の注意を払いながら出荷を進めて参ります。ですからお住まいやお選び頂いたコースによって到着日が多少前後する事をご了承ください。

皆様のお手元に届くまで、一生懸命作業を進めさせていただきます!ご到着までもう少しお待ちください!!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?