2019年4月7日に花三郎の家において「UrbanWalk ZASSO」と「わお!」のコラボレーションによるZASSOツアーを行いました。

 道端に咲いている花の名前が、わからない。食べられる草を知りたいけど、教えてくれる人が近くにいない。そういう人たちの為に始まったのが、みちくさが主人公の街歩きUrbanWalk ZASSO (アーバンウォークザッソー)です。

 当日は相鉄線上星川駅に集合し、花三郎の家までの道のりをUrbanWalk ZASSOを主宰されている吉田健二さんに雑草に関するレクチャーをしていただきながら歩きました。

 吉田さんはただ詳しいだけでなく、春になると綺麗な花を咲かせるだとか食べると凄く美味しいだとか価値を見出すことが出来る雑草は雑な草と書いて雑草ではなくZASSO:ザッソー(↗︎)(↘︎)と名付けイメージを変える活動もしています。そんなZASSO愛溢れる吉田さんのレクチャーなので、上星川駅から花三郎の家までは通常であれば徒歩15分程なのですが、道端や小さな空地の雑草たちに足を止め、吉田さんの雑草に関する超オタクな知識を彼の軽妙な語り口で楽しく聞いているとあっという間に2時間近く経っていました!

 今思えば、雑草に群がる楽しそうな大人たちが他の方からは少し異様に見えていたかもしれませんが、参加者は子供の頃のように新しい発見や知識が増えていくことを純粋に楽しんでいました。そのおかげもあってか参加者同士も壁を作らず、レクチャーしてもらった雑草を見つけたら報告しあったり感想を言い合ったりとZASSOを介して徐々に意気投合していったように思います。

 花三郎の家の敷地内には豊富な草花があるので、ここでも吉田さんの雑草に関するレクチャーが始まり、敷地入口の門から古民家まで進むのにさらに30分。それでもまだまだ紹介しきれてないとおっしゃっていましたが、すでにお昼時だった為、花三郎の家の中でスタッフ・参加者のみなさんと横浜名物である崎陽軒のシューマイ弁当を食べつつ交流を図りました。

 昼食後は前回に引き続き、参加者のみなさんに花三郎の家の歴史的背景や建築的価値を知っていただくために古民家ツアーを行いました。茅葺の修復も進み、黄金色の美しい姿を取り戻しつつあります。

またツアー最後の締めには雑草を体感的に感じてもらう「ZASSO体操」を全員でとりおこないました。

「ZASSO体操」とはカラスムギ、タンポポ、カタバミ、スミレ、スズメノカタビラの5つの雑草の形や生態的特徴を「わお!」のメンバーとUrbanWalk ZASSO吉田健二さんのコラボレーションによって体操化したものです。体操の冒頭、地面の雑草に呼びかける動きがあるのですが、この時には雑草1種類1種類に目を向けられるようになっていたことに驚き、改めて学びは大切だと感じました。

 これからも花三郎の家ではこのような人と人、街と人をつなぐような楽しくてクリエイティブなイベントを仕掛けていきたいと考えています。

【UrbanWalk ZASSOとは】
住まいや職場の周辺環境の植生を知ることで、より豊かに日々を過ごすことができるという、『ZASSO(雑草)』を主人公とした街歩き。2016年11月から始まり、横浜市の山下公園や天王寺の寺田倉庫など各地で開催。食べられる、染め物に使う、歴史的価値があるなどZASSOの価値を伝え説きながら、みんなで『下を向いて』歩いている。開催者であるZASSOマイスターの吉田は、衣食住をZASSOで成り立たせるまちを創る、というZASSO Town構想を実現すべく、日々活動を行う。
 会社HP: https://www.grobecl.com/
 UrbanWalk ZASSO吉田のFBページ:
  https://www.facebook.com/deskgarden/

【わお!とは】
うた×おどり×え×ことば=からだで感じる体験空間を創造、提供するパフォーマンスグループとして各分野で活躍していた個人が集結し、2017年に発足。
コンセプトは「多様性」かつ「いきいき感のシェア」
国籍、性別、年齢、宗教関係なく、芸術のちからを通じて様々なパフォーマンスでHAPPYをつくりあげます。
「わお!」公式HP➡︎https://waow0wwao.wixsite.com/waow0wwao
「わお!」Facebookぺージ➡︎ https://m.facebook.com/wa0wa0/?ref=bookmarks