2019/05/29 18:57

公開から6日目を迎えました!

公開から1週間も経たずになんと目標金額の90%以上の支援を頂くことができました。皆様の暖かい支援、本当に嬉しく思うとともに四大学英語劇大会で最高のものを届けたいという思いもさらに強くなりました。

目標金額は30万円と設定しておりますが、本番劇を打つためには500〜700万円ほど必要です。もし私たちのプロジェクトに少しでも心を動かされましたら引き続きご支援いただけたら幸いです。よろしくお願いいたします!

今年のStage Manager(舞台監督)からのメッセージ初めまして、KEIO PRODUCTIONの舞台監督を務めます山崎 向陽といいます。KEIO PRODUCTIONは今年も四大学英語劇大会に向けて着々と準備を重ねています。そして今年の演目が公開できるようになりましたので、この場でお伝えしたいと思います。今年の演目は"Cinderella Waltz"という作品です。名前の通りCinderellaのオマージュ作品であり、非常に面白いコメディ作品です。原作の世界観を残しながら、"本当の幸せとは"ということを考えさせられる、深みもある演目となっています。

今年"Cinderella Waltz"で挑む四大学英語劇大会の面白いところは、アジア最大級の規模やCompetition形式であることだけでなく、劇にかける僕たち劇団員の熱量だと思います。昨年の11月、去年度の大会が終わってすぐ今年度の劇団が始動し、今日まで毎日の様に議論や準備を重ねてきました。それだけ強く思いを注げる仲間が揃っており、その仲間達と共に一つのものを創り上げられることが楽しくて仕方ありません。僕達の熱い思いに共感していただけると幸いです。


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?