2020/02/25 16:20

ご無沙汰しております。

報告が遅れてしまいましたが、2/8(土)に、川崎市と地元の協議会の皆さんが主催する里山保全活動体験イベントがあり、美術展を開催していたよこみね緑道をみんなで下草刈りをしてきました。

地元の皆さんのほか、美術展に参加していた作家さんもたくさん来てくれました。

背丈以上もある篠竹を、鎌でザクザクっと。・・・でも私は全然鎌が使えず、まったく貢献できてませんでしたが、このみんなの刈った場所がこの、次の美術展で、誰か作品置くのかなー?などと妄想してました。


このような草刈りを行うことは、明るく見通しの良い景観が良くなるだけでなく、希少な植物の芽が出たり、生き物の棲息場所になったりと、環境がより豊かになります!

このような活動があるからこそ、美術展が開催できるんだなとしみじみ思った一日でした。


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?