2019/09/11 19:13

開催概要
株式会社Placy(本社:東京都世田谷区、以下「Placy」) は、2019年9月19日- 23日の間、2020年に取り壊しが決まった神泉の一棟ビルにて、「感覚に基づき都市の時間に触れる」アートイベントを開催する。
この一棟ビルはクリエイティブな挑戦者のための空間マッチングサービス「RELABEL」が企画と運営を行なっている。
再開発が進む東京で、取り壊されるビルと新たに建設されるビルの ”隙間” を感じることをコンセプトに開催。


イベントメッセージ
このイベントが開催されるビルは、来春に取り壊しが決まっています。
急速に進む再開発で東京では次々と古いビルが取り壊され、新しいビルが生まれています。
新しいビルが建ったとき、どれだけの人がその場所の前の建物を覚えているでしょうか。

もし、取り壊される間際のその建物に足を踏み入れることができれば、建物が無くなった後も皆さんの思い出の中にその場所が残り続けるかもしれない、そんな思いで「感覚に基づき都市の時間に触れる」アートイベントを開催いたします。
解体までの間に生まれた、いわば「隙間の時間」で、訪問者の感覚を基に渋谷区の「時間」を想起する空間を提供します。
渋谷の「過去」に思いを馳せ、「現在」を楽しみながら、「近未来」まで感じる、そんな空間を用意することで、

普段あまり意識することのなかった都市の時間的変化を感じてもらい、この地が皆さんにとって特別な場であり続けることを期待しています。


イベント詳細

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000047935.html



この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?