2019/09/16 20:54

プロデューサーの安井希歩乃と、1話主演.相川成美役の掛橋七海です。

クラウドファンディング残り14日

現在128000円のご支援を頂いております!!ありがとうございます。

今回は、1話のお話を少しだけしようと思います。まずはストーリーから。

1話 もとめたせい

主人公の相川(17)は、友人の相談を頻繁に受ける女子高生。

ある日、ほとんど話した事のないクラスの男子馬場(17)に呼び出され、とある悩みを告白をされてしまう。馬場の悩みを解消するため協力する相川と、その協力に素直に喜ぶ馬場。

2人だけの秘密の取引が始まる。


馬場役には、学外から前田隆成さんにお越し頂きました。

既に決定していた相川役の掛橋と実年齢が同じ事もあり、本物の同級生のように打ち解けた演技をしてくださいました。


ロケ地としては、洛陽総合高等学校様の全面協力のもと、8月21日〜24日の4日間学校パートの撮影が行われました。

7月上旬に副校長先生と広報担当の方にドラマ内容をプレゼンし、内容にご納得頂いた上で学校と制服をお借りする事になりました。

教室・廊下・校門など私たちが希望する場所全てを提供して下さったので、撮影場所に妥協する事なく作品作りを進めることができました。


またエキストラとして20人の生徒さんにもご参加頂きました。


1996年生まれから現役高校1年生の2004年生まれで構成されたクラスでしたが、部活や音楽の話で盛り上がり年の差を感じさせない程の仲の良さでした。

一人一人に学級委員などの役柄を設定したので、個性豊かなクラスになったと思います。


また劇中の美術にもこだわりました。

自分達の高校時代を思い出しながら、誕生日のボードなど飾り物を制作しています。

クラスメイト1人1人、美術の1つ1つに注目していただきたい話となりました。


クラウドファンディング残り14日!

目標は大きく80万円です。

ご支援、よろしくお願い致します!!


安井希歩乃・掛橋七海

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?