2019/10/08 05:36

ついに、すべての展示が再開する日を迎えることができます。この素晴らしいニュースを皆さんと共有できることにReFreedom_Aichi 賛同アーティスト一同、大きな喜びを感じています。再開を求める声に耳を傾け、その実現に向け粘り強く交渉を重ねてくださった関係者の方々、私たちの運動にご賛同・ご支援してくださった市民の皆さんに大変感謝いたします。


9/10にプロジェクトの宣言をしてからReFreedom_Aichi は、私たちを取り巻く不自由さについて議論を共有し、表現の自由を求めるオーディエンスの声を閉鎖された展示扉に提示してきました。展示閉鎖を余儀なくされたアーティストたちへの連帯として自ら展示を停止させたアーティストの抵抗や、他方で新たなプロジェクトを始めたアーティストの試行錯誤は、いま一つの実を結ぼうとしています。


しかしそれはReFreedom_Aichi が目指してきた最終地点ではなく、むしろここから私たちのもう一つの戦いは始まるのです。その戦いとはトリエンナーレ終幕までの残りの一週間すべての展示を守りきること、そして、今回のような一方的な展示閉鎖を二度と日本で起こさせないことです。再び芸術の自治力が試されるこの戦いに、表現の自由の未来がかかっています。戦いの口火が切って落とされる今日、まさに今からJアートコールセンターが始動します。私たちは二度と展示を閉鎖させるわけにはいきません。


表現の自由はすべての人に保障されるべきものです。その自由のために闘っている人々や幅広く芸術を愛する人々との共闘を、ReFreedom_Aichi はあらゆる垣根を越えてこれからも呼びかけていきます。歴史的な扉はすでに開かれました。それを日本の「表現の自由」を象徴する未来への扉とするためには、再び閉ざすことなく開放しつづけなければなりません。来たるべきそのゴールに到達できる日まで私たちは突き進んで参りますので、引き続きご支援のほど、どうかよろしくお願い申し上げます。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?