2020/02/29 00:58

こんばんは!

この度、私たちのクラウドファンディングプロジェクト
『再生可能エネルギー利活用を盛り上げるため気象予報士夫婦が太陽光発電量を予測します』
にご支援いただき関心をお持ちいただいた皆様に心より感謝申し上げます。

「46日間、誠にありがとうございました!」


私たちの力が及ばず、プロジェクト実現できなかったことを真摯に受け止めております。
ご訪問した企業の皆様からいただいたご意見やアドバイスは、

・再エネ発電予測は今はまだ不要(扱う再エネのほとんどがFIT特例1)
・特例1の予測より精度が良ければ採用を検討したい
・卒FITがもっと出てくる近い将来に発電予測は必須になる
・再エネを実質的に取り扱いたい(FIT再エネ+証書ではなく)
・太陽光自家消費モデルに挑戦したい
・新しい電力取引への再エネ活用に非常に高精度な予測が欲しい

といったもので、再エネ発電予測はあと2,3年後には必要になるけど、今じゃない。
「クラファンやるのがちょっと早過ぎたね…」
というアドバイスをいただいたりしました。

この状況は概ね予想はしていたものの、“こんなに安くて良質な予測ならちょっと試してみようか!”というきっかけを投じられるのではないか?という野心が、非力な私たちには非望だったのかもしれません。

一方で、クラファンするのが早かったというご指摘は、将来ニーズが潜在する事業者様に、そのニーズが大きく顕在化する前に私たちのことを知り置いていただけたという成果を、クラファンをやることで得られたとポジティブに捉え、今回のクラファンをやって良かったと心から思っています。


今回クラファンを知っていただくため、50社以上の関連事業者様へ、メールをお送りしたりイベントや展示会で名刺交換をさせていただき、そこからご面談の機会をくださった約20社へお伺いし、直接ご説明させていただいたりしました。

結果としてクラファンはダメでしたが、これがきっかけで協業のお誘いをいくつかいただき、その中でご縁のあった新しい協創プロジェクトのため準備を進めているところです。


大失敗なクラファンであったものの、良い成果も得ることができたクラファンでもありました。
何より、5年後、10年後、20年後…夫婦でこのプロジェクトページを見返し、
「ふたりでこんなことやったよね!」
って語り合う思い出が作れたことを微笑ましく誇らしく思っています。
改めて、ご支援いただきまして誠にありがとうございました。


「再エネ発電予測が得意な気象予報士夫婦がいて、クラファンは大コケしたけど、気象課題に一緒に取り組んでくれそうだ」
というふうに皆様の記憶の片隅に置いていていただけると幸いです。いつでもお気軽にお問合せください!


今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?