2020/06/28 19:00

こんにちは、私はこどもNPOシビックスクール発足前のYOUNG CONEXION(通称ヤンコネ)で2代目代表を務めていました、大学生スタッフの永見です。

いつもご覧頂き、ありがとうございます。


私は友達がしていたヤンコネのイベントに誘われて参加し、入ることを決めました。

私が入った頃は、こどもタウンやその他イベントも毎回課題が多く、日々どうすればよりよいイベントになるのかを考えていました。

そんな中で時が経ち、団体の人数も増え、イベント自体の種類やクオリティも上がってきたように思います!


さて、今日はヤンコネの内部についてもっと知っていただくために、私が個人的に思う、ヤンコネのいいところと今後の課題についてお話したいと思います!

まず、ヤンコネのいいところについてお話します。


1つ目に、メンバーの皆がフレンドリーである点です。様々なイベントをこなしたり、よりクオリティの高いイベントを目指していく上で重要となるのは、他のメンバーとの協調性です。コミュニケーションを取らなければ、認識の相違や状況の把握ができず、様々な課題が生じると思います。ヤンコネでは、様々な学年、学校の人が集まるため、コミュニケーションをとることはとても大切なことです。そんな中でも、学年学校分け隔てなく盛り上がったり、季節ごとのイベントで交流をしたりして、温かく楽しい雰囲気ができています。そんな団体で活動するのはとても活動しやすく、楽しいなと感じています!


2つ目に、各個人が日々成長している点です。私たちはミーティングの前によのなかすくーる、という、社会の課題について考え議論する時間を設けています。そこで色々な人の意見を聞き、視野を広げたり、さらに自分の意見を見つめ直したりすることで、多面的視点や先を見通して行動する力を養っています。各イベント等を通して、その成長を自分やメンバーに感じることができます!


次に私が考える、ヤンコネの今後の課題についてお話します。それは、効率化をはかることです。特に中高生は学校や部活もあり、活動に対する時間はとても限られています。ですが、効率をとってイベントの質が落ちたのでは意味がありません。質を保ちつつ、もう少し効率よく活動するためにも、ファームがもっと活動しやすい場になればいいなと思っている次第です!


最後になりますが、これからもより成長した姿をお見せできるように、団体一同頑張っていきます!

ここまでご覧頂き、誠にありがとうございました。

今後とも変わらぬ御支援よろしくお願い致します!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?