2020/07/22 19:00

こんにちは!YOUNG CONEXION中高生スタッフの山口です!今回は、私が初めてこどもタウンを実施して感じたことについてお話したいと思います!

まず、こどもタウンとは、主に中高生が、小学生などと「仮想の街」をつくって、社会の仕組みについて楽しく学ぶことを目的としたものです。

実際にしてみると、こどもタウンを実施するにあたって、段取りや自分がこどもと一緒にする仕事に必要なものなどを、みんなで協力し合いながら準備していきましたが、本番になると緊張や焦りで、思ったように仕事のことについて説明ができなかったり、効率よく行動することができませんでした。こどもにどうやったらわかりやすく伝えることができるのかもっと考えなければならないなと思いました。自分がこどもに仕事について正しく分かりやすく伝えるために、もっと知識を身に着けておかないと、こどもからの質問にも答えられないことが分かりました。また、誰かに教えることで、自分はここがまだきちんと理解できていないんだな、知識に自身がないんだな、ということも気づかせてもらえるので、誰かに教えるということは、自分にとっての自身にも繋がることがわかりました。

しかし、なにより大事なのは、こどもとのコミュニケーションであると私は感じました。コミュニケーションをたくさんとることで、こどもからの信頼を得ることができると思いました。

また、こどもタウンにまた来たいと思ってもらえることには、コミュニケーションをとることが関係してくるのだと思います。

これからのこどもタウンも、こどもと一緒に、自分も成長できるように頑張りたいです。

最後まで見て頂きありがとう御座いました。いつも私達を応援してくださり、ありがとう御座います。これからも応援よろしくお願いします。

YouTube、Twitter、Instagram、ノート、Facebookなど、さまざまなところで情報を発信しておりますので、拝見していただけたら嬉しいです。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?