2020/05/07 21:23

 すっかりご無沙汰してしまい、申し訳ございませんでした!
皆様のお陰様をもちまして、無事にクラウドファンドを達成し、桜のハイシーズンを迎えたしだのすみかでしたが、新型コロナウィルスを考慮して4月と5月は休園させていただいております。

 クラファン終了翌々日には煙突完成の写真を披露しましたが、そこまでの道のりをご報告させていただきます◎今回のクラファンは「ALL-in形式」を選択したものでした。つまり、目標金額に達さなかった場合でも、いただいた寄付を元に、プロジェクトを必ず実施する約束のもと募るクラファンだったのです。ですので、クラファンの達成度に関係なく、私はストーブと煙突設置の準備を着々と進めました。4月になると桜観期になり、吉野山は大渋滞が予想されるので、工事車両が入山できないことを予想して、前倒し前倒しのスケジュールを組んでいました。今日から少しずつ煙突完成までの様子をレポートいたします。

 クラウドファンドの終了を目前にした3月10日、愛知県は岡崎から薪ストーブくんが到着する予定でした。待ちに待ったこの日、テンションも高めに木下はソワソワしておりました。そしてついに、大きなトラックが到着!おおおおお!キター!

 通常の運送会社ではなく、ピアノ運送会社さんのトラックがドドーンと吉野山に到着。ニコニコ笑顔の配達員さんがやってきてくれた。

「こんにちは!木下さんのお宅ですか?」

「はい!」

「ストーブをお持ちしました。設置場所など運搬経路を確認してもよろしいでしょうか?」

「もちろんです!よろしくお願いします。」

敷地内をご案内するとみるみる顔が曇っていく。。

「・・・。ちょっと、厳しいですね〜。そもそもこの扉に入るかな。。この段差か〜。2人じゃなあ〜。」ポリポリ

一緒に来ていたお相撲さんレベルの大男のスタッフさんが車を降りてくる。

「行けるかな〜。」「いや、、、、厳しいです。。。」キッパリ

「え?!」(力持ちそうなのに・・)

「ちょっと、会社と電話して相談してきます」

「WHAT?!!!」急に悲しさ。

「ごめんなさい、ちょっと依頼主さんに確認してきます。ちょっとこの経路は段差が多く、道もせまい。非常に重いものなので、人手があと2人は必要です」

「えーーーーーーーーーーーー」(再配達ってw 費用その分かかるやつやんか!(;_;)

というわけで、引き返して行きました。。雨のなか見送る切なさったらなかったです。
せっかく遠路はるばる愛知は岡崎市から届いたのに。。この時間ロスと運搬コストよ;_;泣けるし痛手。
吉野の知人の皆さんから「手伝えるよ!」と有難いご連絡いただきましたが、ここは安全第一を取りまして、最後まで業者さんにお願いすることにしました。

そして、日を改め、3月16日(月)の午前9時30ごろ。

雪が降って、とても寒い日にストーブがやってきました。

通りすがりの人も覗き込むほどのワッショイ作業。
大男4人が担いで大ごとです!

「段差あるよ〜!」
「金具気をつけて!」
「一旦、ここに置こう」「次はあの角まで」
大きな声で安全を確認しつつ、敷地に入り、どんどんラボへ近づいていく。


狭い通路をぬける途中、ちょいちょいシダを踏まれてしまいましたが、そこは目をつむり(笑)、ヨイショよいしょと運び込んでくださいました。
「言うてもそこまで重くないでしょ〜」とナメて持ち上げようとしましたが、数ミリもビクともしない。巨大な鉄の塊!!
こりゃ2人じゃ無理だわ、と納得しました。プロの方4人だからこそ楽勝に見えるけれど、それでも、息を合わせて運ばないと危険な重さです。

大男のスタッフさん4人がぎゅうぎゅうになってラボに運び込んでくださいました。

ぎゅうぎゅう、ヨイショよいしょ。

ありがたや〜〜〜〜!!!!!作業はすんなり30分以内。
手際よく位置の確認をしてくださり、撤収されました。

設置された様子が、こちら!↓

大騒動をしてようやく到着しました!薪ストーブくん!!


大西親方と高橋プロがコツコツ積み上げてくださったレンガの炉台とマッチして、異国感漂う一角になりました!!!かっこいい!かわいい!素敵!動き出しそう!

良い!ひじょーーーーに良い!感動しました。

夢見たストーブがここに到着したのです。


少しずつ、少しずつ、着実に前に進んでいる達成感をこの時感じました。たくさんの人の力をお借りして(実際にこのヘビーさは尋常じゃないw)、ここまでたどり着いたのです。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?