2020/05/16 02:30
こんにちは。バスケットボールの先生の早川大史(だいちゃん)です。
5/12の開始からわずか4日の間に多くの御支援と御購入をいただきありがとうございます!


子供たちに笑顔を!
日本中の方に笑顔を!

そんな想いを元に当プロジェクトは始まりました。


FacebookやInstagramやLINEなどのSNSでも多くの方にシェアをいただき、素晴らしいスタートダッシュを切ることができております。

【勇気を出して】

2011年、東日本大震災の時には何もできませんでした。誰かに勇気と元気と笑顔を届けるという想いで、南米のペルーと大分県でプロバスケットボール選手をプレイすることしかできませんでした。

2016年、熊本大分地震の時も何もできませんでした。当時住んでいた大分県ではLife-Gym Projectというスポンサーを募り由布市(湯布院)で小学生の子供たちとクリニック(出張バスケ教室)をしましたが、熊本県へ行けたのは埼玉とのプロ選手契約が決まった後の8月に1回だけ。16年の1月まで熊本に住んでいたのに熊本のみんなが一番辛い時に、勇気と元気と笑顔を届けるという想いで、埼玉でバスケットボールをプレイすることしかできませんでした。

でも、今は違います。

選手ではなくなり、自分のことに掛ける時間を削ることができます。自分は最低限で良いです。生き延びてバスケができるようになったら、バスケットボールスクール 山梨アイセブンを再開すれば良い。それだけで良いのです。

今回は誰かにじゃなくて、その人のハッキリ顔が見えます。届けた人の顔が見えます。なんなら直接見られます。

写真は2016年の熊本大分地震当時に住んでいた大分県での子供たちとのクリニック(出張バスケ教室)の様子です。みんな、こんな笑顔になります。


本当は、ね。選手の時もこんなことがしたかったんです。熊本のサッカー元日本代表の巻選手のように動きたかったんです。

でも、勇気がなかったんです。

だから今回は動きます。

直接届けます。

1人 対 1人のバスケを

チームの仲間とのバスケを

Tシャツを

ブドウを

イベントで一緒に創る環境を

笑顔になりますように。


応援してくださる方々、支援してくださる方々など沢山の予想もしなかった方々から応援を頂き、元気をいただいております!

30万円達成の際にはネクストゴールを設定し、突き進んでいきたいと思いますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします!!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?