2020/08/18 23:45

【「点滅花火2.0」を開発して、花火大会の新時代を切り拓きたい】のクラウドファンディングのご支援募集が終了して、3日が経ちました。厚いご支援を頂き、誠にありがとうございました。

本プロジェクトを計画していたゴールデンウイーク前は、新型コロナウイルスは現在よりも未知の状態で、とても花火を打上げられる状況ではありませんでした。その間の当社は、先日横田がご報告を差し上げた通りです。

普段は研究開発というと花火職人にとってはある種憧れの仕事です。通常の業務に追われながら、時間を見つけて続けるものです。しかし、いざ研究開発だけ行うことになると、なかなか進みません。あれだけ溢れていたアイデアも、全ての時間を好きにしてよくなると、源泉が細くなるかのようでしたが、それは、研究開発をしても、花火大会が存続できない可能性もあり、その開発が花開く場面を想像できないことが原因だったように感じます。

それ以外にも、一人で製造を行うことで、普段の「この玉貼っといて」や、「この導火線切って挿しといて」が、どれだけ効率の良いことだったか気が付きました。法令上個人作業が多くなる花火業者も、やはりチームでした。

しかし夏が近づくに連れ、少しずつ状況が変化し、少量の花火であれば打ち上げられるようになってきました。研究開発してきた花火を打上げ、見て頂くことで、私たちがしていることの意義を感じることができるようになってきました。また、不安で作業に集中できない時は、皆様から頂いたメッセージを読み返すこともありました。

本プロジェクトでは、公開2日目に目標金額まで到達させて頂き、みなさまからのご厚意に「魂が震える想いがしました」という表現をしました。今もあの時の気持ちは忘れません。

こちらにつきましては、今までのように動画でのご報告と、たまにこちらでの活動報告を続けて参ります。ですので、これで終わりというご挨拶にはしません。

これから先は、私は研究開発した花火を打上げられる場所を作ることに注力して、このプロジェクトをフォローして行きます。そして、開発者の横田がお伝えしたように、点滅2.0を妥協のない製品にして参りたいと思います。

みなさま、いつも本当にありがとうございます。引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

加藤煙火株式会社
加藤克典

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?