総合ディレクター花房太一による全3回のレクチャーシリーズ「自由レッスン Liberty Lesson」の第0講として、牛窓芸術祭の歴史的背景(服部恒雄とJAPAN牛窓・国際芸術祭)と、テーマである「自由風景 Liberty Lesson」についてのレクチャー動画を公開します。

 

---------

■第一講「プラトン『国家』から芸術を考える』
・日時:2017年7月29日(土)18:30〜20:30
・場所:瀬戸内市中央公民館会議室(瀬戸内市邑久町尾張465番地1)
・予約:不要(現地に直接お越しください)
・内容
あらゆる思想の原点となるプラトンの『国家』。この中で、芸術は「模倣」に過ぎないとして否定的に言及されている。なぜ、プラトンは芸術を否定したのか。『国家』を読みながら考える。

■第二講「ミル『自由論』から幸福を考える」
・日時:2017年8月12日(土)18:30〜20:30
・場所:瀬戸内市中央公民館会議室(瀬戸内市邑久町尾張465番地1)
・予約:不要(現地に直接お越しください)
・内容
功利主義の名著『自由論』。最大多数の最大幸福という言葉はあまりにも有名だが、実際に『自由論』を読む機会はあまりない。原典を読みながら幸福について考える。

■第三講「ロールズ『正義論』から政治を考える」
・日時:2017年8月26日(土)18:30〜20:30
・場所:瀬戸内市中央公民館会議室(瀬戸内市邑久町尾張465番地1)
・予約:不要(現地に直接お越しください)
・内容
リベラリズムの理論的支柱となったロールズの『正義論』を読む。「無知のヴェール」や「格差原理」など、考える際のアイディアに溢れている。政治的アート(ポリティカル・アート)が全盛の現代において、必読の本である。

 

第3回牛窓・亜細亜芸術交流祭の名会場である尻海には21箇所のお遍路があります。このパワースポットを巡る道を「自由道路 Liberty Road」と名付けています。

自由道路 Liberty Road詳細リンク

自由道路だけでなく、尻海への道中には子宝に効果バツグンと噂の「延命地蔵菩薩」があります。

 

梅干しを3個備えて「おんかかび さんまえい そわか」と7回唱えます。これは、お地蔵様の笑い声を現しているのだそうです。子どもを授かると、おまんじゅうを山盛りに備えてお礼参りをします。
実際に、ここで子どもを授かったという人がたくさんいます。邑久駅から尻海へいく東備バスの道中「渡内」という停留所の目の前です。

子どもを授かりたい方は、道中少し寄り道をして訪れてはいかがでしょうか?

5つあるリターンの中でまだ一つもご支援頂いていない、MC. LOVER(多田恋一朗)のファースト・アルバムですが、総合プロデューサー・花房太一は激推しの一品です。多田恋一朗の作品は、MC. LOVERの活動と合わせて見なければ理解できません。必聴のアルバムとなっています。PVの一部はYouTubeで見ることができますので、ここで共有致します。ぜひご視聴の上、ご支援(ご購入)くださいませ!

活動報告

制作風景2

牛窓といえばウルトラマン。原野商店前で。

 

ランチにはみんなで美味しい千屋牛を頂きました。

 

まちの神社にこんなものを!!!大丈夫。塩ですから!!!折原智江。

 

海野林太郎の撮影を撮影する事務局長・藤井雅司。

 

総合プロデューサー・丹羽英喜。何者か分からないかっこうをしていますが、公共建築も多く手掛けてきた建築家です。

 

大活躍のアシスタント木下くん!!!

 

工場跡地を使用して作品制作をする髙橋銑。やってることも工場作業です。

 

元幼稚園。とは思えない絵ヅラですね。多田恋一朗。

活動報告

制作風景1

滞在制作中のアーティストの制作風景をお知らせします。

 

さすがはアーティスト布施琳太郎。買い物の仕方もアーティスティックですね。

 


遊び方が分からなかったみたいですね。多田恋一朗画伯。

 

総合プロデューサー丹羽英喜が資材を提供。

多田恋一朗

高橋銑

布施琳太郎