2020/06/20 20:21

初めまして、&ONECOFFEEの長尾です。

突然ですが、既にご支援いただいた皆様には心からお礼申し上げます。誠にありがとうございます。

今回のキャンプファイヤーでの公開までには、とても長い時間を要してきました。
東南アジアで素敵なコーヒー農家に出会って、コーヒーにまつわる社会問題を肌で感じこのままではいけないと思って走り続けた結果今があります。

本文で説明しきれなかった我々の想いをこの場をお借りして補足させていただければと思います。

現状の流通を変えたい

代表松本は前職から約10年間東南アジアで生活をし、グローバルな視点で途上国の農業を考察したとき、中間業者があまりにも多すぎることによる搾取体制=社会的な問題が根深いと感じまし た。
特にコーヒー業界は、中間業者が自分たちのビジネスをブラックボックス化しているため、消費者から生産者に目が届かず、結果中間業者が得をしています。

コーヒーは地域、生産者が違えば味も風味も全く異なります。
生産者と消費者が繋がっていない現状では、そのことを体験する機会がとても少ないのです。

生産者と消費者両方が不幸なのが今のコーヒー業界だと思っています。

そこで、我々&ONE COFFEEが農家様と直で取引をし、焙煎からパッケージングまでを一貫して管理するという、農家と消費者が繋がるようなを取り組みをしていきます。

ただ、豆を焙煎して売るだけでは面白くありませんよね。なので、ユーザーごとにコーヒーをカスタマイズして自分だけの世界一おいしいコーヒーを探してもらいます!

それから、自分だけの世界一おいしいコーヒーを作っている農家さんの情報って知りたいですよね?安心してください、我々をそれらをしっかり伝えていく努力をしていきます。

生産者と消費者がもっと繋がる世界、そしてフェアトレードを当たり前にしていく時代にしていきたいです。

残り一週間、弊プロジェクトを応援していただけました幸いです。





この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?