2021/03/21 22:47

緊急事態宣言が本日3月21日今日開けたというのに、あと何回これから同じような緊急事態宣言があるのだろうと心配になる近況ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
ワタリウム美術館では、2月6日から6月6日まで「まちへ出よう」展ーそれは水の波紋から始まったーを開催しております。本展は1995年にドクメンタ9のディレクターでベルギーのゲントの現代美術館を作ったヤン・フートと共に行った都市型国際展「水の波紋'95」の検証を中心に構成した展示です。ワタリウム美術館が美術館を飛び出して原宿駅、青山1丁目の伊藤忠本社、スパイラルの三角形の中40箇所以上に作品をインストトールした企画で、北海道から長崎、水俣など8箇所の地方都市のサポートで実現できたものです。これに参加してくれた宮島達男さんとパリに住む川俣正さんとのZOOMトークなど開催致しますので、ご参加いただけますと嬉しいです。24日ごろTwitterなどで発表予定です。
また、7月1日から「パビリオン・トウキョウ2021」の情報も公開し始めております。
https://paviliontokyo.jp
今回の東京オリンピックがどのように開催されるのか、またはされないかは誰も予想がつかない状況ですが、東京都の公募のために考えた企画で、隈研吾さんの新国立競技場だけに注目が集っていたので、藤森照信、 妹島和世、藤本壮介、平田晃久、 石上純也、 藤原徹平、会田誠、 草間彌生の建築家6人アーティスト2人のパピリオンを作って日本のクレイエイティブの多様性や奥行きをみてもらおうというものです。現在この企画の熾烈な使用許可などの奮闘しているのげ現状です。取り急ぎ近況を皆様へと思い久しぶりにお知らせメール送らせていただきました。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?