2017/07/11 13:39

今日は、宇都宮市のママサークルさんにお招きいただいて、絵本ワークショップを開催しました。

 

このサークルさんでのワークショップは1回目でしたが、

サークルの活動として、今日までに多彩ないろがみを独自に作ってくれていたので、スムーズに絵本づくりに入ることができました。

私たちも、今までの作品事例を何冊か持参したのですが、

初めて「たからもの」の絵本に出会った人は目を輝かせて絵本を見ていました。

それからキットを渡されて、少し不安げな表情をのぞかせたかたも。

「いろがみが助けてくれるから大丈夫!一番イメージの湧くページから始めてみましょう!」

 

その発声ともに絵本づくりスタート。

始めはどう作ろうか悩んでいたような方も、ハサミを動かすうちに気分がノッてきているのがわかります。

「このいろがみ素敵!」

「ケーキに見えるかな?」「かわいい!」

「楽しい!」

 

あっという間の2時間。

終わる頃には

「こんなに夢中になったのは久しぶり」

「大人になって褒められるってなんだか嬉しいですね」

と、嬉しい感想をあちこちからいただきました。

 

こんな感じで、私たちのワークショップは

2時間、参加者のみなさんのクリエイティビティーがフルに発揮されながら進んでいきます。

 

絵本キットも、ありがたいことに第2刷があとわずかとなってきましたので、第3刷の印刷工程に入っています。

 

パトロンの方に支えられ、年末に向けてプロジェクト進めています。

 

今後とも応援よろしくお願いいたします!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?