2020/12/17 15:14

棟下式に共感いただいている皆さまより、今回のクラウドファンディングの応援メッセージをいただきました。インタビュー形式で順に何名かのメッセージをお届けします。色々な視点で棟下式の可能性を感じていただければ幸いです。
お1人目は、ReBuilding Center JAPANの東野唯史さんです。

▶︎東野唯史 (ReBuilding Center JAPAN)
ReBuilding Center JAPAN代表取締役。1984年生まれ。名古屋市立大学芸術工学部卒業後、株式会社博展に就職、空間デザインに従事する。その後、世界一周旅行を経て独立し、2014年に空間デザインユニットmedicalaを妻と設立。2016年、長野県諏訪市にReBuilding Center JAPAN設立。
--------

質問①
Q : 棟下式は、空き家問題の解決の一助となると考えています。具体的に誰のどういった課題の解決につながると思われますか?

東野さん :
空き家を解体することに後ろめたさを感じている家主さんが、なかなか改修や解体に踏み切れないでいるとそのまま空き家が放置される原因にもなる。棟下式があることで、最後にきちんと建物と向き合うことができるので前向きに未来に向かって進んでいく一助になるのでは?と思います。

質問②
Q : 棟下式の将来的な可能性についてお伺いします。今後、棟下式はどのような形で発展していく可能性があると考えられますか?

東野さん :
棟下式ではまだまだ使用可能な部材をレスキューすることも可能だと思います。 新しいおうちで必要な分は設計で生かしていくことはもちろん、使いきれなかった古材を他の人に販売する仕組みを上手に実現していくことができれば地域の人の気持ちも資源も循環する仕組みになっていくと思います。

Q : 応援コメントをお願い致します!

東野さん :
棟下式のことは当初から注目していました!
これからの時代、どうしても空き家が増えて解体が増えていくと思います。そんな中少しでも多くの家主さんの気持ちが救われる仕組みとして期待しています!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?