2021/09/04 01:59


皆様、いかがお過ごしでしょうか。


コスタリカは相変わらず厳しい状況が続いております。
コスタリカ政府は、経済とコロナの両方を守りながら
試行錯誤を繰り返しております。
どちらも大切ですので、バランスをとるのが難しいところです。

そんな中、国内でのワクチン接種は順調に進んでおります。
各地ではワクチン接種キャンペーンが引き続き行われ、
30才以上の方でしたら、誰でも予約なしで接種することができます。
現在のワクチン接種の進行状況ですが
国民の59%の方が1回目のワクチン接種終了。
国民の23%の方が2回目のワクチン接種終了しております。
ほとんどの方々は、ワクチン接種が非常に大切なものと認識しており、接種をした後は、病院からもらう接種証明書や接種している様子を撮り、facebook に投稿し、周りの人達にアピールしている方もたくさんいます。

下記、コスタリカでのワクチン接種状況になります。

青の部分が1回目の接種 (59.25%  3,059,023名)

緑の部分が1回目の接種 ( 23.62%  1,219,482名)



こちらは、ワクチン接種を証明するものになります。


下記は、コスタリカの大統領 カルロス アルバラド氏がワクチンを接種している様子になります。


中には、ワクチン接種が済んでいない人とは会わない。(家族であっても)という方もいらっしゃいます。自分を守るだけでなく、周りの大切な方々を守るという気持ちも強いようです。

私もそうですが、多くの方々は当初 このパンデミックは数ヵ月、

もしくは、数年で終息するものと考えていました。

今の状況を見ていると今後も終息はせずに、

コロナとうまく付き合っていくしか方法はないのかもしれません。

少しずつ通常の生活に近い暮らしができることを期待しています。



また、皆様が興味を持っていらっしゃるテーマがございましたら

メッセージいただけると嬉しいです。

今後もコスタリカのことについて投稿していきますので、

よろしくお願いいたします。




この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?