2021/02/05 18:00

先日、本事業に参加したいと事業者様が来られました。

そこで耳にした言葉に落胆しました。


その事業者様は、銀行にコロナの件で融資のお願いに行ったところ、「商品を作るから赤字になる」「作る量をもっと考えろ」と言われたようです。


事業者様としては、商品を作る為には、一定の時間(数か月)が必要で、GoTo事業が始まった際は、どんどん作れと言われたようです。

そして一度に作れる量の最低数というのも決まっており、やめることができないそうです。


また、作ることをやめることで事業が止まってしまい、多くの負債を作り続けることになってしまうようです。

休業に伴う支援か、販売の支援をお願いしたところ、融資は断られたようです。


弊社も、金融機関に「コロナが終わる証拠を出せ」と言われ本当に辛い経験をしました。


時代の移り変わりに伴う、新たな努力は必要だと思いますが、地域、特に金融機関は一定の理解をしていただきたいところですね。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?