2017/10/23 21:20

夜分遅くに失礼します。双子の兄の松田文登(岩手在住)です。

私が小学4年生の頃に書いた作文が、
岩手県金ヶ崎町のコンクールで入賞したことがありました。

 

兄へ向けた世間の目の疑問点を小学生ながらの視点で綴っています。

 

私は名前に「文」という漢字があるのですが、文章を書くのはあまり得意ではありません。
そんな私ですが、MUKUを始めて何カ月かしたときにこの作文が母から送られてきました。

最初にみたとき「ハッ」としました。

何故MUKUを始めたのか?
何故MUKUは存在するのか?

 

MUKUの根底の部分は私が小学生の頃から変わらないのです。知的障がい者のイメージは少なからず「ネガティブ」なイメージが多いかと思います。そのイメージを「ポジティブ」に転換する。

これは小学生の僕が感じていた核心だと思うのです。私たちが大事にしていること、それは知的障がい者の可能性や才能の伸長をはかり、徹底的にブランディングすることで社会に視点の転換を求めることなのだと再認識した瞬間でした。


そして私たちと関わる全ての人に絶対的な喜びをもたらすことを目標とします。

 
相手に伝えたい!と思って書く文章にはパワーが込められています。
小学生時代に私が『心』で書いた作文を是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

MUKU
松田 文登

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?