2021/08/26 23:50

縄文の和ろうそくそれは、「ヲシテ文字の和ろうそく」の存在。

4年前のには「明治神宮の献上品」としてド迫力32㎝級の大型和ろうそくを納め、某新聞紙面にも大きく記事になりました。

当方の本業は神仏の光を担当する「和ろうそく・花ろうそく」の老舗より

「縄文ギャラリーJOMON」が隣接にOPENしたのでした。

この縄文ろうそくに、縄文の火焔土器からの光の揺らぎは、ものすごい光の宴を表現します。

正に必見なのでした。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?