2022/04/26 09:56

はい、正直に言います。

つい2か月前まで、リフレクソロジーを教える気は1ミクロンもありませんでした。これマジです。

というか、私がリフレクソロジーできるの知ってくれてる人って、果たしてどのくらいいるんでしょう?笑

ハンコミ(手のマッサージ)のイメージが強いかもしれませんが、実は元々「足裏」からスタートしてるんです。

2000年7月、ワーホリで単身ニュージーランドに渡り、

同年10月、ニュージーランド初のリフレクソロジーサロンをオークランドに開業。

・・・と言っても、おひとりさま起業だし、3畳一間のサブサブリース(つまり間借りの間借り)、家賃は500NZD(日本円で約3万円)からのスタートでした。

所持金も少なかったしね、こんなものです。

 

開業月から黒字化して順調に売り上げを伸ばし、2001年5月にクィーンズタウンに2号店目をオープン、

2002年にオーストラリアに進出して3号店目オープンと、オセアニアで3店舗サロン経営してました。

※オーストラリアでの起業はマジでつらかったです笑 その話はまた時間がある時に。

 

誰もが知る有名アーティストやスポーツ選手、海外セレブも訪れる人気サロンになりました。

ローカルを対象としたサロン経営と同時に世界で活躍できるセラピストの育成スクールを運営。

2000年から2008年までニュージーランド、オーストラリア両国で約500人の卒業生を輩出したRUMIKOリフレクソロジー。

手は10万人以上触ってますが、恐らく足はその倍くらい触れていると思います。現場と指導の両方ありましたからね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

で、ここから本題。

このRUMIKOリフレクソロジーをなぜ今お伝えしようと思うようになったのか?

実はあるハンコミ受講生の一言がきっかけなんです。

「るみこさんからサロン運営ノウハウを学びながら、

リフレクソロジーの技術も学びたいです。」

こんなニーズがあるなんて考えもしてなかったので

びっくりもしたし、嬉しかったです。

既に何かお仕事を持ってる方はハンコミをプラスαすることで

顧客との信頼関係構築や、新しいサービス提供という形がとれますが、

現時点で全く何も持ってない(本人が持ってる自覚がない)場合は、ハンコミを入り口にして、収入を得られる型が作ってあげられたらよいなと思いました。

1人でも自分と大切な人を守れるようになれるなら

それはやる価値があると思うのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハンコミを入り口にして、その先に繋がる何か。

その何かとして、RUMIKOリフレクソロジーを復活させようと思います。

プライマリー、ベーシック、アドバンスの3コース。

2日、8日、10日で学ぶかなり濃密なものになっています。

コース中もしくはコース終了後からオンラインフォローサロン4か月込みとなっているので

独立、起業、集客、技術の不安な箇所等々のサポートを私がします。

各コースで習得する技術など概要をまとめた資料を作成したので

興味ある、まだやらないけどとりあえず話を聞いてみたいという方はぜひご連絡ください。

info@organictherapy.org まで

長文お読みいただき、ありがとうございます♥


今こそ、必要なこと
笑顔と元気、お届けします。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?