2021/10/07 09:49

出島壁画再創造プロジェクト実行委員会です。

10月5日~6日、約200mの壁画のシーラー塗りと白色塗りを実施しました。


10月4日に引き続き、「徳島県立南部テクノスクール カラーコーディネート塗装科」の訓練生の皆様と(株)守乃宮の皆様と協働作業です。3年目に入り、スムーズに行うことができ、昨年同様、1日でシーラー塗りと1度目の白色塗りまで行いました。





           まずは前日水洗いした壁にシーラーを塗る


           シーラーの上から1回目の白色塗りを行う



6日(水)は下塗り作業として2回目の白色塗りを実施しました。

           2回目の白色塗りを行う(株)守乃宮の皆様


              商工会青年部員による白色塗り


もう一度塗ることで壁の凹み部分にまで白色を浸透させたり、ムラを無くしたりでき、キレイな下地を作る事が出来ました。


そして、ここまで仕上げることができたのは、昨年度に引き続き協力していただいた「徳島県立南部テクノスクール カラーコーディネート塗装科」の訓練生の皆様、そして、今年度よりお手伝いいただいた、(株)守乃宮の皆様のおかげです。

本当にありがとうございます。


あとは、区画(縦1.25m×横3.3m)毎に区分けする作業を行う事で壁画を描く準備が整います。

参加予定の皆様には、案内文を10月中旬頃に送付予定ですので、もうしばらくお待ちください。





この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?