こんにちは!

ご支援くださったみなさま、急激に寒さ厳しくなったなか、いかがお過ごしでしょうか。

さて、ご報告が遅くなり失礼いたしました。
みなさまのご支援のおかげで、無事、台湾遠征に行ってまいりました!

 

台湾遠征組|
森本果呼 / inATAKAN / 點點店 / Books Majolie / ima / HARUKA KIYOHARA / ハップヒントン洋物店 / nenets / あてはか

 

--------------------

<第二回Culture & Art Book Fair>
日時|2017年12月9日11時~18時、10日11時~18時
場所|華山1914文化創意産業園區(中4A紅酒作業場)
入場料|150元
主催|Culture & Art Book Fair 実行委員会
協力|華山1914文化創意產業園區、佔空間Artqpie、秋刀魚、LIP 離譜、haveAnice 有質讀誌、台北月見ル君想ヲ、BIG ROMANTIC RECORDS/大浪漫唱片、Time Out Tokyo、HereNow、Shopping Design、RETRO印刷JAM、SAMSUNG、niko and...、西武鉄道株式会社、株式会社プリンスホテル、FUJIN TREE
メインビジュアル|佔空間Artqpie
一般来場者数|8,601名 ※ライブ観客も含む
招待者数|292名 ※日本からの招待者も含む
メディア関係者数|97名/41社 ※日本からのメディア関係者、インフルエンサーも含む
URL|https://www.facebook.com/events/1709677742670600/
関連記事|haveAnice 有質讀誌 :https://goo.gl/DjgZG5

内容|
・台湾&日本の独立系出版社、ブックストア、セレクトショップ、アーティストなど合計55ブースの展示販売
・台湾&日本の独立系出版社、ブックストア、セレクトショップ、アーティストなどによるワークショップ
参考:前回(2017年4月)のイベントの様子→ https://goo.gl/lY0Kmz

--------------------

 


photo by haveAnice

 


photo by haveAnice

 

 

今年4月に開催された第一回目より、来場者数が約2倍!!
初日は雨でしたが、二日目は晴天で、びっくりするくらいの方が来場されていました。

12名の作家さんたちを一同に集め、1つのブース(2m×2m)でお披露目するという、他の出店者さんにはないようなバライティ豊かに仕上がりました^^

みなさん、「ものづくり」に興味深々で、直感的に作品を手にとり、気になる点は言語の壁を気にせず質問してくださいました。

我々も初海外イベント出店で、不安なところもありましたが、隣のブースの方、事務局の方、ボランティアスタッフの方など、多くの方に助けていただきました。
台湾の方はみなさん親切で優しかった!


photo by haveAnice

 

作品を直接、手にとっていただく
一対一のコミュニケーション
リアルな反応
買っていただいた方、購入にはいたらなかった方
などなど…

まだまだ未熟ではございますが、今回の出店で得たことを、次に続け、よりよい作品づくりに精進します。

このような機会をいただきましたこと、パトロンとしてご支援いただきましたみなさまのおかげでございます。
本当に本当にありがとうございました!!

今後も引き続き、応援の程どうぞよろしくお願いいたします!

 

なお、2018年1月20日(土)@世界文庫での「報告会&お茶会」にご参加いただく皆様には、より詳細な内容をご報告いたします。

 

 

Atelier3 / mamo / 森本果呼 / inATAKAN / 點點店 / kuuki to ito / Books Majolie / ima / HARUKA KIYOHARA / ハップヒントン洋物店 / nenets / YOSHIDA COFFEE / あてはか

 

こんにちは!

みなさまのご支援・ご協力いただきましたおかげで、やってきました台湾。

昨日、設営も無事におわり、いよいよ今日から二日間開催です。

12名の職人・クリエイターの作品を台湾でお披露目します。

「第二回 Culture and Art Book Fair」
日時:12/9(土)-10(日) 11~18時
場所:華山1914創意文化園区

 

オープン前から待機列ができ、いまも入場制限中です。

たくさんのお客様がブースを訪れていただき、作品を手にとってくださっています。

作品を気にいり、作家に直接会いたいという方もおられ、早速新たなファンが生まれております!

このような機会をいただきました、みなさまに、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございます!

クラウドファンディングプロジェクトも、残り数時間ですが、引き続きどうぞよろしくお願いします。(12月9日23:59終了です)

こんにちは!

ハップヒントン洋物店です。
 

リターンでご用意している「カフス」のラッピングイメージができました。

ドライフラワーをあしらったお箱に入れてお送り致します。

 

*写真のカフス中央のボタンより、少し小さめのボタンを使用します。
(写真のは22ミリ程度。実際のカフスは、19ミリの予定)

 

お手元に届く日をお楽しみに!

 

 

ハップヒントン洋物店より

こんにちは!

ハップヒントン洋物店です。

 

Culture and Art Book Fair に向けて、新シリーズを作りました。

半磁器土の陶器で作ったイヤリングです。

以前から、陶器のもつ優しさと 触れたら冷たいことに憧れがあり、自分でも作りたいと。

そして、ついに陶器のシリーズがデビューとなりました!

身につけた時凹凸が作り出す影が美しく、陶器のため シルエットや雰囲気に透明感があります。

 

<工程>
成形→乾燥→磨き→ 色つけ・釉薬→本焼き→パーツ完成

 

 

 

 全工程で、早くても半月かかりますが、ワクワクしながら作っています。

 

いよいよ、イベント開催が近づいてまいりました。
まだまだ 応援の方、どうぞよろしくお願い致します!

 

ハップヒントン洋物店より

こんにちは!

テキスタイル作家の HARUKA KIYOHARA です。

 

ドローイングのiPhoneケース、試作ができました!

 

作家の手染めの端切れを敷き、ミニドローイングと、証明書付きでラッピング。

 

iPhoneケースのタイトルは「tiny tiny」
Charaの「tiny dancer」という曲から生まれたドローイングです。

 

クラウドファンディングでご支援くださった方には、この形でドローイングiPhoneケースをお届けします。


日々のドローイングが、形を変えて、日常に溶け込んでゆくこと、とってもゆかいで楽しいです。

iPhoneケースはクラウドファンディングでしか販売しませんが、ドローイングで生活を彩る世界をつくれればと思います。

 

HARUKA KIYOHARA より