2021/10/09 11:11

 こんにちはプロジェクトオーナーの舟崎です。
本日は 4人目のご紹介となる『ノロッコ号と私』。

ノロッコ号に携わるヒト、4人目はノロッコ号車内販売員の、「平塚聡子さん」です。


 くしろ湿原ノロッコ号には、プリンやドリンク類などの飲食物の他、オリジナルグッズなどのお土産を販売している「車内販売カウンター」があります。

 そこで車内販売員として乗務している平塚さん、もともとはJR北海道の特急列車客室乗務員であり、どことなく上品な立ち居振る舞いがとても印象的です。

 インタビューではいくつか質問もしてみました。

質問:乗務中に大切にしていることは?
平塚さん:『お客様が何を求めているのか考えて販売するようにしています。鉄道系のものがいいのか、釧路のお土産がいいのかなど、求めているものを探りつつもあまり話し掛けすぎず、商品を見てゆっくりお選びいただけるような空間を心掛けています。』


質問:乗務員みなさんがおすすめする見所スポットは?
平塚さん:『細岡〜塘路の間に2つの沼があるのですが、夏の間その沼にエゾシカが沐浴している姿がよく見られます。首までつかってまったりしているのが可愛らしく、今日もいるかな?と探すのが楽しみになっています。あのたまらなく可愛い姿をぜひ一度見ていただきたいです。』


質問:印象に残っているお客様とのエピソード
平塚さん:『(リターン品にもなっている)車内販売のオリジナルストラップが売り切れになってしまった日があったのですが、どうしても欲しいから見本を売ってほしいという方がいらっしゃったことです。私が作ったものをそんなに欲しいと言っていただけるなんて…笑  ものすごく嬉しかったのを覚えています。』


ストラップは「シカちゃん」と「ツルちゃん」の2種類

 じつは、リターン品のストラップは平塚さんのハンドメイド作品なのです。

 

 2年ほど前から趣味として始めた羊毛フェルト。ノロッコ号からよく見られる”ツル”と”シカ”を作って車両カウンターに飾ってみたところガイドさんやお客様から「かわいい!」と評判になり、そこから商品として販売することになったそうです。」
 もともと「女の子向け」のお土産を希望される方も多く、お土産品として人気商品になっています。

 

 この平塚さんハンドメイドのストラップは、手作りでひとつひとつ制作していますので、返礼品としても数に限りがございます。ご希望の場合は是非お早めにお申し込みいただくことをお勧めいたします。


 

 平塚さんはインタビューの最後をこのように締め括ってくれました。

『くしろ湿原ノロッコ号は、季節によって見える景色が違ったり、動物が色々なところで現れたりと、大自然の中を冒険していくような観光列車です。お客様からも「テーマパークのアトラクションのようだね」という声をよく聞きます。何度乗っても飽きることのない自然溢れるノロッコ号に、ぜひご乗車くださいませ。』



 くしろ湿原ノロッコ号は、車窓から見える大自然はもちろんですが、平塚さんのような乗務員の方とのコミュニケーションも楽しみのひとつです。毎日乗車しているからこそ知っている「特別なポイント」や「豆知識」なんかも教えてもらえるかもしれません。


(車内販売員さんは、始発駅直後はカウンター業務で忙しそうにしていることが多いです。終着駅に近づきすこし落ち着いた頃にそっと話しかけると素敵な笑顔で案内してもらえるかもしれません。)


『ノロッコ号と私』4人目の今回は、くしろ湿原ノロッコ号車内販売員の平塚聡子さん をご紹介いたしました。


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?