Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

見えないからこそ伝えるべきこと。世界水準のフォトジャーナリズム写真を発表したい!

現在の支援総額
1,065,000円
パトロン数
100人
募集終了まで残り
終了

現在71%/ 目標金額1,500,000円

このプロジェクトは、2017-12-20に募集を開始し、100人の支援により1,065,000円の資金を集め、2018-02-02に募集を終了しました

次回14回目を迎える国際フォトジャーナリズムの賞「DAYS国際フォトジャーナリズム大賞2018」。紛争、飢餓、児童労働、貧困、環境破壊、動物たちの悲鳴・・・。2月に決まる受賞作品を多くの場所で展示し、世界のいのちの現場を多くの人に見てもらいたい。現場で取材をするフォトジャーナリストたちを支援したい。

【残り6日】DAYS国際フォトジャーナリズム大賞2018たくさんの応募がありました。

年明け、久しぶりの活動報告です。
昨年、12月20日に開始したこのクラウドファンデイング、これまでに
68人の方から、¥659,500のご支援をいただきました!!
たくさんの方のご支援、応援のメッセージをありがとうございます。

そして、1月に入り、活動報告ができていなかったのですが
その間、世界中から届く「DAYS国際フォトジャーナリズム大賞2018」応募作品の受付、審査をしていました。
1月15日(月)に締め切りをし、この2週間で作品のチェックや審査を重ね、現在第4次審査まで終了したところです。

今年は82の国と地域から、10000点以上の作品の応募がありました。
今回も届いた膨大な写真を見て、ネットがこれだけ発達していても、知らないこと、伝えられていないことがこんなにもあるんだ、フォトジャーナリストたちが努力を重ねて、撮った写真をもっともっと多くの人に見て欲しい、見てもらわないといけない、と写真やストーリーを読むたびに強く感じています。

 

このクラウドファンディングも残りあと6日になりました。
ちょうど終了するころには、最終選考に残ったファイナリストをホームページで発表する予定です。
今回800人以上の人が応募してきてくれていますが、一人でも多くのフォトジャーナリストに賞を与えて、写真展で作品を見てもらえるよう、残り6日間、クラウドファンディングのご支援をどうぞよろしくお願いいたします!

 

今年は来月2月14日(水)に予定している最終審査会で受賞者が決定します。

毎回どのようにして受賞者が決定しているのか、前回の「DAYS国際フォトジャーナリスト大賞2017」最終審査会の様子の映像はこちらです。ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

【プロジェクト7日目】25% 達成!ありがとうございます。

年明けの「DAYS国際フォトジャーナリズム大賞2018」の締め切りまであと20日を切り、クリスマスの後から、応募が沢山届くようになりました。

日本では年末の雰囲気ですが、パレスチナではトランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定した後、イスラエルとの緊張が続き、イエメンでは空爆で多くの人が命を落とし、子どもたちが餓死寸前の状態で今を生きています。

こういう情報を知ることができるのも、現場で取材し伝えてくれるジャーナリストたちがいるからです。全ての人々や生き物の命の尊厳が守られ、誰もが安心して暮せる日々が送れるように、今世界で何が起きているのか、この賞や、雑誌DAYS JAPANを通して伝え続けていきたいと思います。

 

今日でプロジェクト7日目を迎え、プロジェクト目標の25%を達成し、382,000円のご支援が集まりました。ご支援いただいた皆様、また情報を拡散いただいたみなさまありがとうございます。一人でも多くのフォトジャーナリストたちの支援ができるよう、のこり、37日間、目標達成まで頑張ります。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

【プロジェクト5日目】23% 達成、32名の方から35万円のご支援 ありがとうございます!

プロジェクト開始からきょうで5日目、初めての活動報告です。

32名の方から、351000円のご支援をいただき、目標金額の32%まで達成いたしました!!

ご支援をいただきましたみなさま、そしてあたたかいメッセージとともに、facebookやtwitterでの拡散いただきましたみなさま、ありがとうございます。
メッセージも個別にいただき、とても感激しています。

来年の2月あたま、このプロジェクトが終わるころは「DAYS国際フォトジャーナリズム大賞2018」の最終審査が始まる時です。2月の下旬には一人でも多くのフォトジャーナリストに賞があたえられるよう、協力者のみなさまにいい報告ができるようにしたいと思っております。

残り40日間、がんばりますので、引き続き情報の拡散、プロジェクトのご支援どうぞよろしくお願いいたします。