2022/07/15 23:00

arparaの支援者の皆様へ。


ご存知のように、arpara AIO 5K VRヘッドセットとこれまでテザー版で利用していたarpara Gaming Kitは、それぞれ異なるトラッキングソリューションを採用しています。一部の方は、arpara AIO 5Kが採用した「インサイドアウトトラッキング」のトラッキング性能について、買う前にもっと知りたいと思っているはずです。本日は、arpara AIO 5Kのトラッキングテストについて、異なる光源下での性能、静止/移動時の安定性、トラッキング性能、ストリーミングでの実際のゲーム性能という観点から詳しく説明したいと思います。


テスト1:異なる光源下でのパフォーマンス

明るい光、暗い光、明るい光から暗い光へ移動する場合、暗い光から明るい光へ移動する場合など、いくつかの光源シナリオを紹介します。


パターン1:明るい光の下

十分な明るさのある屋内環境で、arpara AIO 5Kをテストしました。arpara AIO 5Kの内蔵アプリであるarparaplayerビデオプレーヤーを使用した場合、以下のようにarpara AIOのコントローラーのトラッキング性能は全方向でかなり正確です。基本的にトラッキングエラーはありません。


パターン2:薄暗い場所

薄暗い屋内環境でも、arpara AIO 5Kのトラッキング安定性は変わらず素晴らしい結果になります。Launcherのインターフェースでは、システムの仮想シーンでの動きはほぼ現実と一致しており、以下のようにドリフトやジッターの問題はありません。


パターン3:明るい光から暗い光への移動時

カメラにとって光は重要であり、特にその露出値が重要であることが分かっています。V-SLAMアルゴリズムを採用したVRデバイスでは、光の明るさもトラッキングシステムによる位置やオブジェクトの識別に大きな影響を与えます。

薄暗くなる室内環境において、Firefox Realityブラウザーを使用した場合、arpara AIO 5Kは良好なパフォーマンスを発揮します。以下のように、ジッターやドリフトはなく、明らかな遅延もありません。


こちらのリンクで画像をご確認ください。https://drive.google.com/file/d/1_6Fgqz-MHjtfDPb2iwRjxgj0fhcqDoum/view?usp=sharing


パターン4: 薄暗いところから明るいところへの移動時

徐々に明るくなる室内環境でも、arpara AIO 5Kのコントローラーは安定性を維持することができます。Firefox Realityブラウザ]を使用した場合、ジッター、ドリフト、フレームロス等は発生せず、以下のようにトラッキングも良好に動作しています。


テスト2:静止/動作中の安定性


静止した状態でコントローラーを使用する

テスターが上肢、特に手でコントローラーを動かしているときに静止している場合、arpara AIO 5K VRヘッドセットは、以下に示すように、ジッター、ドリフト、フレーム損失なしで正確な追跡を実現します。


静止状態でのコントローラーの安定性

胸の前で腕を伸ばしている間、静止しているとき、arpara AIO 5Kの2つのコントローラーは、以下に示すように、ほとんどジッターやドリフトなしで、かなりの安定性を維持できます。


体が動いているときにコントローラーを使用する

位置を切り替えたり、コントローラーで腕を動かしたりしているときでも、arpara AIO5KVRオールインワンヘッドセットのコントローラーは正確な追跡を実現します。 以下に示すように、ランチャーインターフェイスではエラーはほとんどなく、トラッキングのジッター、ドリフト、フレーム損失はありません。


静止しているときにコントローラーを上/下/左/右に使用する

今度は、コントローラーを4方向に向けて立った状態で、安定性をテストします。 ランチャーインターフェースのarparaAIO5K VRヘッドセットのコントローラーを使用して、4方向すべてで安定した追跡が行われます。 以下に示すように、フレーム損失、ラグ、ドリフト、またはジッターはありません。


テスト3:追跡領域のパフォーマンス


視野の追跡

arpara AIO 5K VRヘッドセットのトラッキング視野性能を実証するために、次のアプローチを設計しました。


1.コントローラーを体の前から体の後ろにすばやく振ります。 次に、コントローラーが元の位置に戻った後の安定性を記録します。

2.コントローラーを体の前から後頭部にすばやく振ります。 次に、コントローラーが元の位置に戻った後の安定性を記録します。


結果を以下に示します。


テスト4:ストリーミングによる実際のゲームパフォーマンス


ストリーミングによるゲーム

arpara AIO 5K VRオールインワンヘッドセットの追跡パフォーマンスをテストするために、2つのPCVRゲーム(Beat SabreとHalf-Life:Alyx)をプレイしました。


Beat SabreはVRリズムゲームであり、音楽のリズムに合わせてブロックでスイングする必要があります。また、障害物を回避するために、プレイヤーは現実世界で回避して応答する必要があります。 VRデバイスには、低遅延と高精度に対する高い要件があります。 それがどのように機能するか見てみましょう:


Half-Life:Alyxは、物理学の基本法則に従うゲームです。 VRに最適化されたインタラクティブシステムを使用すると、「Half-Life:Alyx」の世界のほぼすべてのアイテムを操作できます。 このゲームでは、銃器を使用して敵を破壊することもできます。 arpara AIO5KVRヘッドセットがストリーミングでどれほど正確に追跡しているかを見てみましょう


こちらのリンクで画像をご確認ください。https://drive.google.com/file/d/1_uqlpXyrKxEqyZgCrJQDTrVPnWqzKWYh/view?usp=sharing


この脅威のトラッキングパフォーマンスを確認して、もし欲しい!となった方は今がチャンス!あと2週間だけ27%オフで購入できます!数量限定なので急ぎましょう!


arparaチーム

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?