2018/05/19 23:52

今日は仲良しフォロワーさんに誘われ、芝居を観てきました。小さなハコ(会場)でしたが、ならではの演出で役者さんとの一体感を感じる事が出来て束の間の異次元体験を楽しみました。

内容は割愛しますが、特に印象に残ったフレーズとして『地球を駆ける』というものがありました。どこまでも駆け抜ける。自転の方向に走ると地球の回った分プラス走った分、逆方向だと地球の回った分マイナス走った分。理屈では確かにそうかも知れません。

まん丸(実際にはやや歪んでいるが)の地球。本来、丸い事に意味なんてないでしょう。しかし、丸いが故に自分の立っている場所が世界の中心にも端っこにもなりうる。『地球が丸いのは端っこの人を作らない為』的なツイートを最近見かけた。私はその解釈、ちょっと素敵だなぁと思ったのです。よく『自分を中心に世界が回っているような人』というと悪口ですが、自分のいる所が端っこだと無意識に思っている人、多そうです。中心じゃないにしても端っこでもない。みんな同じような立ち位置だよ、みんな一緒だよって思想、私は好きです。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?