Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

『疼痛ゼロの日シンポジウム2018in名古屋』を開催し、痛みへの認識を変えたい!

キャンプファイヤー 寄付型のバッヂ
現在の支援総額
103,000円
支援者数
19人
募集終了まで残り
終了

現在103%/ 目標金額100,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2018/10/31 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトは、2018-09-07に募集を開始し、19人の支援により103,000円の資金を集め、2018-10-31に募集を終了しました

3か月以上続くからだの痛みをは、患者さんを苦しめるだけでなく、人々に間違った理解から家庭や職場での問題ともなります。日本でも痛みの問題にようやく国が取り掛かり始めました。しかし、国民や医療者さえその認識は不十分です。私たちは疼痛ゼロ(1020)である10月20日にシンポジウムを開催してまいりました。

  • 2018/10/17 22:38
    kay0904co-1件の支援者です
    応援しています!しょうがないであきらめない、妊娠中の腰痛。NPO法人妊婦のくらし 長坂
  • 2018/10/17 16:54
    yanmaru-2件の支援者です
    ベアクローとヘルメット我慢します! 応援しています!頑張ってください!
  • 2018/10/17 00:11
    nagaragawa79-5件の支援者です
    私も理学療法士の端くれですが、慢性痛を治療するための知識も技術もほとんど身につけておらず、もし急にこうした患者さんと向き合うことになったら…と、内心不安に感じていました。 別の学会の先約があるため、当日の参加は不可能ですが、資料メールだけでももらっておきたいです。 シンポジウムが盛会となりますようお祈り申し上げます。
  • 2018/10/16 21:06
    Daiki Yagi-1件の支援者です
    応援しています!頑張ってください!
  • 2018/10/16 07:17
    lopeslopeslopes-5件の支援者です
    応援しています!頑張ってください!
  • 2018/10/15 13:09
    takuya62-1件の支援者です
    当日は参加させていただきます! 慢性痛の普及活動、応援しています。
  • 2018/10/15 08:38
    akiyoshi_sato-2件の支援者です
    応援するってば!
  • 2018/10/15 06:20
    umekit-1件の支援者です
    いつもすばらしい取り組み感銘を受けております。微力ながら応援させて頂きます。
  • 2018/10/14 17:59
    Yousuke Abe-3件の支援者です
    シンポジウムがうまくいくことを祈っております!!
  • 2018/10/10 22:57
    sky1234-14件の支援者です
    応援しています!頑張ってください!
  • 2018/10/01 20:23
    karasawa mikio-2件の支援者です
    応援しています!頑張ってください!
  • 2018/09/26 12:10
    cyoung-1件の支援者です
    微力ながらお手伝いさせていただきたいと思っています。
  • 2018/09/23 19:37
    MisaoHashimoto-1件の支援者です
    応援しています!頑張ってください!
  • 2018/09/18 21:20
    yamaguchi clinic-1件の支援者です
    応援しています!頑張ってください!
  • 2018/09/11 14:07
    Shota Higuchi-1件の支援者です
    いつもお世話になっております。参加させて頂きたかったのですか都合がつきませんでした。 応援しています!頑張ってください!
  • 2018/09/11 05:39
    PoP2013-3件の支援者です
    応援しています!頑張ってください!
  • 2018/09/10 20:58
    yamamiti2000-1件の支援者です
    応援しています!頑張ってください!
  • 2018/09/07 19:22
    NoBuYuKiMu-3件の支援者です
    微力ながら!応援します!
  • 2018/09/07 11:31
    hiromumi-1件の支援者です
    慢性疼痛の理解拡大、緩和の未来に向けて影ながら応援いたします。