プロジェクト本文

DIGITAL MULTI TOOLは、エレクトロニクスエンジニア&電子工作クリエータの為に製作されたガジェットです。実験・試験・工作ラボなどで必要となる測定器、信号発生器、データ記録計などの8機能をワンボードに集約しました。基板設計データ・プログラムソースコードを解放しますので、オリジナルの実験・試験ツールにリメイクすることが可能です。また参考BOOK & Projectとして、EXCEL_VBA & DSPの学習材料として利用することも出来ます。

DIGITAL MULTI TOOL_01

Project Detail

DIGITAL MULTI TOOLの信号処理は、本体Board内のTI社製センシング&コントール用C2000 32ビットDSP処理ハイスピード・マイコンTMS320F28335により実現されています。この高性能・高速 リアルタイム制御が可能なTMS320F28335の演算処理能力により、One Boardで、高価な測定器、信号発生器、データ記録計などに匹敵する機能をマルチに実現しています。TMS320F28335は、TI社から詳細な日本語資料が提供されていますし、ガジェット供給者のH.Pにおいて導入方法の解説もしていますので、高度なリアルタイム制御が要求されるエンジニア&電子工作クリエータには必見のデバイスです。

DIGITAL MULTI TOOL_02

D.M.TOOL本体とPCの間は、RS232Cシリアル・インタフェースで接続します。シリアル・ポートが無い場合は、USB-シリアル変換ケーブルを介して接続します。また、市販のRF(無線)モジュールを利用し、遠隔コントロールすることも可能です。

DIGITAL MULTI TOOL_03

DIGITAL MULTI TOOL_04

PCのシリアル通信コントロールは、Windows APIにより通信マクロとして形成されており、Windowsのバージョンに左右されずに使用出来ます。また、通信マクロをユーザのEXCEL_VBAアプリケーションにインポートすれば、シリアル・ポート経由で直接EXCELシートにデータを入出力することが出来ます。

DIGITAL MULTI TOOL_05

RS232Cシリアル通信は、送受信データをオシロにて直接信号観測することが出来ますので、動作確認あるいは、アプリケーションの制作時において、エンジニア・フレンドリーな通信方式です。
PC側操作部は、EXCEL_VBAでプログラミングされており、機能毎に基本機能重視に単純化され、操作性に優れています。

FUNCTION.1:VOLT
DIGITAL MULTI TOOL_06

FUNCTION.2:DIGITAL
DIGITAL MULTI TOOL_07

FUNCTION.3:ANALOG
DIGITAL MULTI TOOL_08

FUNCTION.4:VREF
DIGITAL MULTI TOOL_09

FUNCTION.5:DDS
DIGITAL MULTI TOOL_10

FUNCTION.6:PWM
DIGITAL MULTI TOOL_11

FUNCTION.7:TIMER
DIGITAL MULTI TOOL_12

FUNCTION.8:COUNT
DIGITAL MULTI TOOL_13

FUNCTION.9:EEPROM
DIGITAL MULTI TOOL_14

FUNCTION.10:TEST
DIGITAL MULTI TOOL_15

EXCELシートは、シリアル通信の入出力データをセル上で直接見ることが出来、動作確認がしやすいデザインとなっています。ユーザ・オリジナルの実験・試験ツールにリメイクするケースにおいても利便性が高いです。

DIGITAL MULTI TOOL_16

Performance

Performance

開発状況

現在、ハードウェアの初回試作は完了、基本機能が確認出来て、機能詳細テストと性能確認を 行っている段階です。プロジェクト成立した場合の所要日数を下表に示します。

開発状況

Gadget spec

Gadget spec

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください