約40年集め続けてきた、珠玉の包装紙、紙袋、箱、レターなどの『つつみ紙』。色、デザイン、紙の質感、こだわりや思いが詰まった極上の一枚は、芸術品ともいえる美しさ。私のコレクションの中でも、厳選したものを存分に愛でることのできる展覧会を、銀座伊東屋にて開催します。応援して頂けると幸いです!  

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶
 
 
初めまして。堤 信子(つつみ のぶこ)と申します。
 
数ある素敵なクラウドファンディングの中で、このページを見つけてお読みいただき、本当にありがとうございます。

 

アナウンサーとして長年テレビを中心に活動させていただき、今ではフリーとなって、テレビはもちろん、さまざまな講演や執筆、大学(昭和女子大学、青山学院短期大学、法政大学、明治学院大学)で教鞭をとらせていただいています。
 
そんなありがたい毎日の中で、先日、私の長年の個人的趣味であった、『紙集め』を注目していただく、まさかの出来事がありました。それは「マツコの知らない世界」への出演です。


 

この事件(!?)をきっかけに、私自身も、コレクションを含め、身の回りにある紙をあらためて見直す機会に恵まれました。そして、新しい出会いも。同じように包装紙を集めていらっしゃる方や、包装紙を作っていらっしゃる会社さまなど、紙を愛してやまない方々との話は本当に楽しいものでした。そしてそれが、今回『堤信子のつつみ紙コレクション』(玄光社)の出版にもつながりました。


 
本を作りながら実感したのは、紙はなんて美しいアイテムなんだろう、ということ。もともとの紙の質はもちろん、そこに施されたデザインや加工、印刷など、まさに総合芸術=アートといっても過言ではないと思います。私はこの紙アイテムを、『つつみ紙(つつみがみ)』と呼んでいます。

それは、包装紙や紙箱、紙袋、封筒など包むための紙はもちろん、葉書や切手、パンフレット、地図や古書まで、包む目的で作られていないアイテムも含めて、人の心を優しく“つつむ”アイテムであると思うためです。

そんな包み紙。あらためて、もっとこの魅力をみなさんにお届けしたい。一緒に楽しみたい。そう、強く思ったのが今回の展覧会開催プロジェクトを思いついたきっかけです。
 
 
▼このプロジェクトで実現したいこと

包装紙は名前の通り、包み、装うための紙です。商品を買うとそれを運搬用に、またはプレゼント用に包み守り、自宅で開けるときに感動や驚きを演出してくれる。この力は、本当にすごいものだと思います。

その素晴らしさをみなさまに実感していただきたいのです。『つつみ紙』の展覧会を開催し、実際に観て、『つつみ紙』の魅力をあますところなく感じていただければ、全国のタンスにしまわれている包み紙の命を吹き返すきっかけになるのでは、と思っています。
 
どうぞ、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。
 

 
【堤 信子プロフィール】


 幼少からの紙好きが高じて、フリーアナウンサー、エッセイスト、大学の講師という肩書に加え、「紙採集家」としての活動を本格的にスタート。最近では、紙採集家として出演した人気TV番組「マツコの知らない世界」での紙コレクションの多さと、紙への想像を超えた愛情が話題となり、紙好きとしての認知度が着実に広がっている。紙は「使い捨てる」ものから「愛でるもの」へ。紙を大切にして欲しいという活動は、自身の紙コレクションを通して今後も続く。

 
▼資金の使い道、リターンについて
 
『つつみ紙』を見て、使ってその良さを実感していただくために、展覧会開催の準備費用とオリジナル包み紙の制作費用とさせていただきたいと思っております。そして、リターンとして以下のメニューをご用意させていただきました。

下記に、展覧会とレセプションパーティーの詳細、それぞれ7つのコースのご紹介、そしてその下にコース内のメニューの内容解説を書かせていただきます。

◆12月7日(金)のレセプションパーティ

場所:G.Itoya 〒104-0061東京都中央区銀座2-7-15 10F HandShake Lounge

日程:12月7日(金曜日)18:30会場、19:00〜21:00(19時ー19時30分にトークショーを予定)※紙コレクションの展示を一部ご覧いただけます

◆12月8日(土)の展覧会

場所:G.Itoya 〒104-0061東京都中央区銀座2-7-15 10F HandShake Lounge

日程:12月8日(土曜日)10:00〜19:00(11時、14時、16時にトークショーを予定)


<コースご紹介>

コースその1 【つつみ紙展覧会&書籍コース 3000円】

→ 展覧会と書籍を楽しめるコースです。展覧会のお土産に、限定の包み紙セットと紙の詰め合わせが付きます。 

A: 12月8日(土)の展覧会招待チケット(500円相当)

B: 書籍『堤信子のつつみ紙コレクション』(サイン付き・1944円相当)

C: 満寿屋コラボオリジナル原稿用紙包み紙5枚セット(1000円相当)

D: お土産”女紙からのくりすますぎふと〜自分で選べる紙のつめ合わせ20枚セット〜”(商品ではないので価格設定が不可能)


コースその2 【書籍&つつみ紙コレクションのミニセットコース 3000円】

→ 書籍とつつみ紙コレクションのミニセットコースです。さらに、限定の包み紙セットと紙の詰め合わせが付きます。展覧会当日に予定がある方や、遠方で展覧会にいらっしゃれない方のためにご用意させていただきました。

B: 書籍『堤信子のつつみ紙コレクション』(サイン付き・1944円相当)

C: 満寿屋コラボオリジナル原稿用紙包み紙5枚セット(1000円相当)

D: お土産”女紙からのくりすますぎふと〜自分で選べる紙のつめ合わせ20枚セット〜”(商品ではないので価格設定が不可能) 

※展覧会にお越しになれなかった場合、こちらで選ばせていただき郵送させていただきます

E: 堤信子つつみ紙コレクションのミニセットを進呈(500円相当)

※はがきや切手、しおりなどを書籍に挟んで進呈。何になるかは開いてのお楽しみ(!?)でお願いします。


コースその3 【つつみ紙展覧会&書籍&つつみ紙コレクションのミニセットコース 3500円】

→ 招待券と書籍とつつみ紙コレクションのミニセットコースです。さらに、限定の包み紙セットと紙の詰め合わせが付きます。

A: 12月8日(土)展覧会招待チケット(500円相当)

B: 書籍『堤信子のつつみ紙コレクション』(サイン付き・1944円相当)

C: 満寿屋コラボオリジナル原稿用紙包み紙5枚セット(1000円相当)

D: お土産”女紙からのくりすますぎふと〜自分で選べる紙のつめ合わせ20枚セット〜”(商品ではないので価格設定が不可能) 

E: 堤信子つつみ紙コレクションのミニセットを進呈(500円相当)

※はがきや切手、しおりなどを書籍に挟んで進呈。何になるかは開いてのお楽しみ(!?)でお願いします。


コースその4【つつみ紙コレクション詰め合わせセット ヨーロッパ紙文具バージョン 6000円】 

F: つつみ紙のコレクションの中でもデザインに優れた紙アイテムをセレクトしたセット


コースその5【つつみ紙コレクション詰め合わせセット ヨーロッパヴィンテージバージョン 8000円】

G: つつみ紙のコレクションの中でもヴィンテージ紙アイテムを中心にセレクトしたセット


コースその6【展覧会前日のトークショー&レセプションパーティー招待券 8000円】

→ 展覧会前日に行われるレセプションパーティーの参加券です。もちろん、展覧会当日の招待券も付きます(レセプションパーティーでも展示をご覧いただけます。パーティーだけの参加も歓迎いたします)。お土産に、限定の包み紙セットと紙の詰め合わせが付きます。

H: 12月7日(金)のレセプションパーティー招待券(食べ放題・飲み放題付き、8000円相当)

A: 展覧会招待チケット(500円相当)

C: 満寿屋コラボオリジナル原稿用紙包み紙5枚セット(1000円相当)

D: お土産”女紙からのくりすますぎふと〜自分で選べる紙のつめ合わせ20枚セット〜”(商品ではないので価格設定が不可能) 


コースその7【展覧会ひとりアテンドセット20000円】 

→ F、Gのコレクション詰め合わせを除いて全てがセットになったものに、堤信子によるマンツーマンの展覧会アテンド券が一緒になったコースです。

A: 展覧会招待チケット(500円相当)

B: 書籍『堤信子のつつみ紙コレクション』(サイン付き・1944円相当)

C: 満寿屋コラボオリジナル原稿用紙包み紙5枚セット(1000円相当)

D: お土産”女紙からのくりすますぎふと〜自分で選べる紙のつめ合わせ20枚セット〜”(商品ではないので価格設定が不可能) 

E: 堤信子つつみ紙コレクションのミニセットを進呈(500円相当)

H: レセプションパーティー招待券(食べ放題・飲み放題付き、8000円相当)

I:   堤信子マンツーマンで展覧会をアテンド・解説する券(価格設定不能)



<コースメニューの詳細>
 
 
A : 展覧会招待券チケット

<開催概要>

場所:G.Itoya 〒104-0061東京都中央区銀座2-7-15 10F HandShake Lounge

日程:12月8日(土曜日)10:00〜19:00

内容:・堤信子のつつみ紙コレクションの観覧

   ・堤信子のつつみ紙トーク(11時、14時、16時に実施予定)

       ・お土産”女紙からのくりすますぎふと 〜自分で選べる紙のつめ合わせセット〜”


銀座伊東屋のビジネスラウンジにて、12月8日(土曜日)に、展覧会を開催させていたします。書籍に掲載した1046点のコレクションの中から、さらに厳選した約200点のコレクションをご覧いただけるように準備いたします。1日限りの展覧会になりますが、是非お越しいただけると幸甚です。


B: 書籍『堤信子のつつみ紙コレクション』(サイン付き)
この度、11月30日に、玄光社より『堤信子のつつみ紙コレクション』を出版させていただくことになりました。こちらのサイン付き書籍もリターンのコースの一つとさせていただきたく思っております。
 
こちらは、私が約40年集めたコレクションの中で、厳選させていただいた1046点を一気に見ることができる内容となっております。
 
是非、お楽しみいただけたらと思っております。

 


 

C:満寿屋コラボオリジナル&限定原稿用紙包み紙5枚セット
包み紙は、原稿用紙制作の老舗メーカー「満寿屋」の原稿用紙柄が印刷されたオリジナル&限定のアイテム。サイズは52.5cm×36.3cmの5枚セットです。


 
文房具や雑貨、小さなお菓子などを包むのに最適な包み紙です。原稿用紙柄なので、簡単なメッセージを包み紙に直接書いて贈れます。


D : ”女紙からのくりすますぎふと 〜自分で選べる紙のつめ合わせセット〜”

クラウドファンディングに参加いただいたお土産として、”女紙からのくりすますぎふと 〜自分で選べる紙のつめ合わせセット〜”としてご用意させていただきます。数十種類用意させていただいた紙の中から、レセプションパーティ、展覧会にお越しの方は、ご自身で選んだお好きな紙を20枚詰め合わせてお持ち帰りいただきます。それ以外の方は、こちらで選んでお送りさせていただきます。(コースこのたび、株式会社榛原(はいばら)、株式会社竹尾、平和紙業株式会社、吉川紙商事株式会社の協賛をいただきまして、制作されている紙の中からご提供をいただいた、特別なセットです。セットの名前の”女紙”はもちろん私のことではありません(笑)。一説によると、日本に初めて紙作りを伝えた紙職人さんは女性であったのだそうです。それにちなんだネーミングにさせていただきました。

 

E:堤信子つつみ紙コレクションの中から数点をミニセットにして進呈

私のコレクションの中から、数点を書籍に挟んで進呈させていただきます。どんなものが出るかは、開いてみてのお楽しみにしていただけたらと思います。

F: つつみ紙コレクション詰め合わせセット ヨーロッパ紙文具バージョン
私のコレクションの一部を詰め合わせたものを、プレゼントさせていただきます。
※全て個人の収集物なので数に限りがあり、入るもの、構成は若干変わります。
・ デザインノート 複数冊
・ デザインメモ 複数冊
・ デザインバインダー
・ 紙袋セット
・ ポストカード
・ その他 エフェメラセット


G: つつみ紙コレクション詰め合わせセット ヨーロッパヴィンテージバージョン

 私のコレクションの一部を詰め合わせプレゼントさせていただきます。
※全て個人の収集物なので数に限りがあり、入るもの、構成は若干変わります。
・ コースター
・ ヴィンテージペーパー
・ ヴィンテージFDC
・ 古地図
・ ヴィンテージポストカード
・ ヴィンテージレターセット
・ 紙袋
・ ヴィンテージノート
・ ヴィンテージシール
・ ヴィンテージ切手
・ ビューバー
・ その他エフェメラ


H: 展覧会前日に行うトークショー&レセプションパーティー招待券

<開催概要>

場所:G.Itoya 〒104-0061東京都中央区銀座2-7-15 10F HandShake Lounge

日程:12月7日(金曜日)18:30会場、19:00〜21:00(19時ー19時30分にトークショーを予定)

内容:・堤信子のつつみ紙コレクションの観覧

   ・堤信子のつつみ紙トーク

   ・食べ放題、飲み放題付き


12月7日(金曜日)に銀座伊東屋のビジネスラウンジにて、つつみ紙コレクションの観覧はもちろん、伊東屋さんが工夫を凝らした食べ放題、飲み放題付きのトークショーを含めたパーティーにご招待します。是非、ご検討ください!

 
 
I: 展覧会ひとりアテンド券

場所:G.Itoya 〒104-0061東京都中央区銀座2-7-15 10F HandShake Lounge

日程:12月7日(金曜日)15:00-18:00の間で約30分 ※スタート時間はご相談させてください


12月7日(金曜日)に、銀座伊東屋のビジネスラウンジにて、3名さまのみ、展覧会前日のレセプションパーティー前に、私がマンツーマンでつつみ紙コレクション展覧会をアテンド、解説させていただきます。興奮しすぎて、ついつい話すぎてしまうかもしれませんが、ご了承くださいませ。。。

 


▼  最後に



 
 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください