Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

『不登校・引きこもり・中退の生徒に新しい選択肢を!』カナダ留学の補助金を作りたい

現在の支援総額
208,000円
パトロン数
19人
募集終了まで残り
終了

現在6%/ 目標金額3,000,000円

このプロジェクトは、2019-02-23に募集を開始し、19人の支援により208,000円の資金を集め、2019-03-30に募集を終了しました

自分の殻に閉じこもってしまっている不登校・中退・引きこもってしまった子どもが、日本に大勢います。そんな生徒たちにカナダへ派遣する補助金を支給することで、外の世界を触れさせることで、立ち直りの契機、新しい進路の可能性を生み出します。

みなさんはじめまして。NPO法人高卒支援会で学生インターンをさせていただいている加藤優希と申します。

当団体は、

「子ども達が規則正しい生活をし 自信を持ち自律し社会に貢献する未来を実現します!」

のミッションを掲げ、引きこもり、不登校、高校中退を経験し、行き場のない子供たちへの居場所の提供、社会復帰のサポートを目的として活動してまいりました。

一般的に不登校の生徒というとアクティブなイメージはないのではないでしょうか?

私たちはそんな発想とは真逆の新しい不登校の進路選択として

「不登校の児童をカナダに派遣し新しい進路を探す」

というプロジェクトを実施することとしました。

このプロジェクトを通して全国の不登校の生徒に留学という選択肢と勇気を届けます。


▼不登校の生徒の可能性を伸ばすということ

不登校・高校中退の生徒の中には一般的な意味ではバランスを少し欠いているけれどある面では秀でている『ギフテッド』と呼ばれるような人々がいます。実際、現在活躍しているIT系の企業などの社長は不登校・高校中退を体験している人も多くおり、彼らのような人材を社会に送り出すのが私たちのミッションです。

その取り組みの一環で、当会では、元引きこもり・不登校であった生徒を職員として採用しています。当初は、あまり主体的な性格ではなかったのですが、生活改善合宿や長期にわたるカウンセリングを通して、今では「同じ境遇の子供を助けたい」と目標を持ち、主体的に活動しています。最近では、自分で東京都議会にフリースクールに対する支援に関しての陳情書を出すほどです。

また、日本における不登校・中退問題を含んだ子供の貧困問題による経済損失は2.9兆円にもなるとも言われています。*1

カナダにギフテッドを送り出し、日本、自分の閉塞感・独特の慣習から解放してあげることで希望・目標を作り出すのが、日本の経済損失を食い止めることになり、ひいては支援者みなさまのためになります。

*1 三菱UFJリサーチコンサル参照(https://www.murc.jp/report/rc/column/search_now/sn151225/)

▼不登校問題解決の鍵

私たち高卒支援会は、約30年にわたり様々な事情を抱えた不登校児童のカウンセリングを行い、社会復帰の手助けをしてまいりました。

不登校は様々な要因で引き起こされる状態であり、その対処法は一人一人異なります。

上記はほんの数例ですが、不登校の生徒は様々な理由で学校生活に躓き、集団生活に絶望し『希望・目標』を失っています。

そのような状態で、無理矢理学校に通わせることは不登校の再発を招き根本的な解決には至らず、その場しのぎでしかありません。

そこで当会では、『希望・目標』を不登校の生徒に持たせることが、根本的な不登校問題の解決に繋がると考えています。 

上記のようなプロセスを通して、『目標・希望』を身に付けることで不登校の子ども達に人間として成長してもらうのが当プロジェクトの目標となります。

カナダに生徒を派遣することで

① 現在の環境から根本的な脱出

② 英語圏での体験で成功体験の積み重ね

③ 帰国後のフィードバックから目標の創出

が可能となり上記のフローチャートに沿ったプロセスを通して『目標・希望』を身に付けることで不登校の子ども達に人間として成長してもらうのが当プロジェクトの目標となります。

▼なぜカナダなのか

カナダ以外の国でも先ほど述べたような①〜③のプロセスを達成することは可能です。

その中でもカナダを選んだ理由は大きく分けて4つあります。

 当会は①にもある通りバンクーバー高等学校という日本の通信制高校のコーディネーターがカナダにおり、スムーズな派遣が可能となります。

また、多くの生徒がこのカナダ留学プログラムを通して不登校を克服しています。

▼プロジェクト概要

2019年の5月にカナダのバンクーバーに当会の不登校の生徒を6名(未定)派遣します。

現地でホームステイ、バンクーバー高等学校の見学を行います。
また、現地での発見や自分の中に起きた変化等をまとめ、日本で報告会を行います。

また、この研修を通しての気付きや心境の変化を、報告会を通して発表、当会ホームページや当会のYouTubeチャンネル上で共有することで、海外留学に悩む不登校の生徒の後押しを行います。

日程

・カナダ研修 5月11日 〜 19日

・研修報告会 6月9日 *都内開催予定

▼集まった資金の使い方

この度、集めさせていただく金額300万円の内訳は

(体験授業 + ホームステイ費用 + コンサル料金) × 8人分 = 160万円

往復航空券 × 8人分 = 92万円

保険料 × 8人分 = 2万円

CAMPFIRE手数料 + 振り込み手数料 + 税 = 約46万円

となっております。

これは、生徒6名、引率2名の合計8人分の見積もりになります。

集まった金額が、300万円を上回った場合は、その分追加の生徒の応募を行います。

逆に、下回った場合は、集まった金額を補助金という形で使わせていただき、残りの費用を生徒の自費負担として、派遣します。

なお、生徒の選考は、海外への気持ちの強さを、面接、作文を通して当会で審査する予定です。

▼リターンについて

リターンの一覧はこちらとなっております。

3,000円
生徒からのお礼のメール
→留学参加生徒からのお礼のメッセージをメールにて届けさせていただきます。

5,000円
手書きのお礼の手紙
 →留学参加生徒からのお礼のメッセージを手書きの手紙にて届けさせていただきます。

10,000円
ホームページにお名前掲載
→月間PV約1.5万の当会ホームページにお名前を掲載します。

10,000円
無料訪問相談
→当会の不登校・引きこもりのプロフェッショナルを御宅へ派遣します。

10,000円
研修報告会参加権
→6月9日に開催予定の研修報告会に招待いたします。

10,000円
YouTubeの動画にスポンサー名としての掲載
→研修報告会の様子を納めた動画にスポンサーとして冒頭にお名前を掲載します。

50,000円
代表講演会開催権
→不登校指導歴30年以上の当会代表杉浦孝宣の講演会を開催する権利です。

50,000円
不登校生徒の派遣の権利
→当会の生徒をイベント等に派遣します(十分に立ち直りコミュニケーション能力もある生徒です)

50,000円
代表講演会開催権
→不登校指導歴30年以上の当会代表杉浦孝宣の講演会を開催する権利です。

50,000円
ホームページにシルバースポンサーとしてお名前の記載
→月間PV約1.5万の当会サイトにシルバースポンサーとしてお名前の記載いたします。法人様も歓迎です。

100,000円
ホームページにゴールドスポンサーとしてお名前の記載
→月間PV約1.5万の当会サイトにゴールドスポンサーとしてお名前の記載いたします。 


*10000円〜50000円のリターンを選択された方に対してもお礼のメール、手紙は発送させていただきます。
*支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。 記入のない場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。ご了承ください。
*東京から遠方の場合は宿泊費、交通費を請求する場合がございます。
*電話やSkypeでのご相談も可能です。
*ご不明点ございましたらお問い合わせください。

▼応援メッセージ

▼最後に

ここまでご覧いただき誠にありがとうございます。

当団体のミッション「子ども達が規則正しい生活をし 自信を持ち自律し社会に貢献する未来を実現します!」を実現するために皆様の応援をいただければ幸いです。

今は、まだ小さな一歩かも知れませんが、この小さな一歩から少しずつ少しずつ生徒の目を外に向け、多くの生徒に「新しい道」を与えるような、大きな変化の足がかりにしたいと考えています。

いただいたお金は、一円も無駄にせずに不登校の社会復帰に役立たせていただきます。ご支援よろしくおねがいします。

*プライバシー保護のため当会の生徒にはモザイクをかけています

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください