世界各地を絵を描きながら旅をするプロジェクトです。各地で見る景色、出会うひと、自然などを絵や手紙やSNSでシェアしながら、約一年間 散歩するように心のままに地球を歩く旅がしたいと思っています。

プロジェクト本文

☆ごあいさつ

はじめまして

酒井 智美と申します

ー☆ー

油絵、パステル、墨など  静物画・抽象画・人物画。。。その時によって感じたものを描くのが好きです。


大好きなピカソを私なりに描いた絵

 

家に自然栽培のリンゴが届いて嬉しくて描いた絵


「氷柱」氷の柱を描いた絵




自分の目で世界を見たい


私にとって世界を旅することは

「自分のイメージの外に出ること」です。

お散歩でちょっと知らない道を通ったり、仕事帰りにいつもと違う道を通ってみたり、いつものやり方と違う方法を試してみたり。。ふいにいつものパターンを崩して出会う感覚や発見です。

まだ見ることのないもの、訪れたことのない場所、話したことのない人など、、、頭の中からひとつ外に出て「新しい世界に触れる旅」に出たいと思っております。





☆こころのままに   〜生い立ち〜


わたしは、計画や予定を立てずに行動するのが好きです。

小さい頃から暗めで友達もあまりいないタイプでしたが、ひとりで行動することは好きで、雨が降ったり雪が積もったりするとよけい外に出たがるタイプでした。

大学は社会学部へ行き、在学中に突然絵が描きたくなり、絵を描きだしました。

途中、なにも気にせず絵が存分に描ける環境がほしいと思い、一年間絵の予備校に通い学費の安い国立芸大の受験を試みましたが失敗。受験は上手くいかず、大変だと思い一番避けたかった絵を描きながらのフリーター生活がはじまりました。

週5日電車に乗る事や、同じ場所に通い続ける事が出来なかったので現在まで就職はせず、登録制のアルバイトをしながら暮らしていましたが、それは最悪の想像をしていたよりはマイペースで楽しいものでした。

ときおり予測不可能に直感で降りてくる場所(国内が多かったです)へ訪れたり、文化芸術・自然など興味のある分野を観に行ったり。。移動費代で生活費が消える日々でしたが、それはそれで楽しく過ごしていました。

白いコートの自画像



☆色々な個性との出会い


アルバイトでは登録制の仕事でおよそ100ヶ所以上の色々な所へ行きました。

自分の都合で働ける日に働くため、ほぼ毎回違う現場へ行くことになり、国籍や年齢や立場など、今まで話す機会のなかった人たちと接することとなりました。そこで色々な「人」と出会いました。

色々な出会った人々は、もちろん一人一人「個性」があり、自分に余裕が無い時はできませんが、「ひと」という「個」を観る、コミュニケーションする"たのしさ"みたいなものを教えてくれました。仕事に慣れてくると雑談しながら楽しみ、初めて行く場所では分からない事を訊きながら楽しみ。結局「ひとに会いに行くもの」「そこで人とどうコミュニケーションするか」が私にとっての仕事のように感じる日々でした。

  瓶とマンゴーと琵琶  夏の静物画




☆クラウドファンディングのきっかけ


〜適当に引っ越すなら、家はいらないから一年間世界へ旅に出たい〜

今年になり、一人暮らしの引越しの更新をきっかけにどこに住むか考える事となりました。

油絵のアトリエとしてふさわしく、絵を描くための「太陽の光」と「気持ちのよい風」が入る私の部屋は、一生懸命探して見つけた"心地よい住まい"でした。6年住んでいて土地の気も合う素敵な場所です。

テレビも苦手で20年近く置いてなく、色や素材のストレスもあり、絵を描いたりする私にとって「ひとりの空間」はとても大切なものでした。

しかし、その唯一の場所が最近気持ちが落ち着かなくなっていました。ゆったり深呼吸できないような、"なにか"が変わっていっている気がしました。

今年は引っ越しするしかないと思い、何処に住むか考えるもののどこも住みたい所が浮かばず、いまのまま更新する気にもなれず...

結果ひらめいたのは適当に引っ越すなら家はいらないから一年間世界へ旅に出たい」でした。

2019年は、まだ見ぬ世界へ旅に出たいと思っております。


*資金が集まらなくても、自分の出来る範囲で旅に出ようと思っています。

(こちらの住居は2018年11月末に退去し、現在実家に身を寄せ旅の準備中。)


   しろいはな



☆このプロジェクトで実現したいこと


ー地球を散歩するように気ままに心のままに歩き、感じた事を絵で表現したい


今まで、国内でも海外でも、旅というと長くても2週間ほどでした。一人で行くときは、何も決めず、宿も決めず、海外の飛行機でさえ当日や前日に決め出発するような感じでした。そんな計画を立てるのも苦手な私は、もちろんお金もあまりなく、ハラハラしながらも行きたい所へ行っていました。

英語もろくに喋れず、海外の旅の経験もあまりなく、最低限の下調べですらやっとな感じですが、ひらめきや直感を大事にし、お散歩するような身軽な感覚で興味のもった「道」を私なりに歩いてみようと思っています。

そして、そこで出来る私の趣味は「絵」なので、制作をしながら旅をシェアし、色々な場所を訪れたいと思っております。


〈旅の期間は、2019年2月もしくは3月から2019年12月もしくは2020年1月までの約一年を予定しています。はじめに訪れる場所はニューヨーク、それ以降はその都度決めながら進めたいと思っております。〉


  夜明け前



☆これまでの展示活動

2015年9月  東京都文京区千駄木にて油画の個展

2017年3月 東京都台東区谷中にて油画の個展



☆資金の使い道


ー目標金額  200万円ー

宿泊費と現地間の移動交通費、帰国時の渡航費として大切に使わせていただきたいと思っています。

ー期間 2019年 2月or 3月 〜 2019年12月頃 までー

*達成金額の早期振込を利用する場合は2月出発。利用しない場合は3月出発を予定。

18万円/月  × 11ヶ月   198万円

 宿泊費 1日 約3000〜5000円×30日 

                9〜15万円/月  

*一日の宿泊費は地方によって安く出来るところは抑え、なるべく国から国への移動費に充て、自由に行動するための移動交通資金にさせていただきたいと思っております。


 ☆ー☆ー☆

《  自己負担  》

*出発の際の日本から海外への渡航費(NY行き)

*画材費

*海外から日本への作品輸送費

画材はある程度日本から用意し、キャンバスや足りない絵の具など必要なものはその都度現地で調達していく予定です。

現地で補填する分の画材費・作品輸送費合わせて40万円、最初に訪れる日本からニューヨーク行きの片道航空券約10万円、合わせて50万円位。


ーリターンについてー


*オリジナルグッズ

私の作品をもとにしたグッズを色々と作成しました。

*旅での手がきのお便りポストカード

旅先より、手がきの旅のようすのメッセージやイラストやお葉書をお届けいたします。

*絵画作品

油絵の作品や現地のモデルさんの紙の絵など、「今回の旅で新しく制作した作品」をお送りいたします。*リターンページの画像は過去の作品ですので参考イメージとしてご覧ください。また、質問等ございましたらお気軽にご相談ください。

*想いを共有するプロジェクト

〜"想い"を共有し一緒に歩いていくプロジェクト〜として、FBライブ通話でお話しするコースをつくらせていただきました。「想い」とは「今、心のなかにあるモノ」です。夢、願い、希望、悩みなど。。2019年を「こころのままに生きていく仲間」になれたらうれしく思います。


絵のサポートのご支援ご協力のお願い

今回の目標資金の200万円を滞在費として設定していますが、画材費やリターン作品の輸送費等資金面でのご支援を是非お願いしたく、企業様やスポンサー様向けコースを設定させていただきました。

現地での画材補充や作品輸送の際の費用など、自己負担額が予想以上になってしまった場合や、作品をより自由に制作するための資金としてご支援ご協力いただけましたら有り難い限りです。

応援よろしくお願いします!




☆さいごに


最後までお読みくださりありがとうございます。

世界をこころのままに歩き、絵を描いて表現したい 

なんとなく浮かんだこのイメージは、漠然としていて頭で考えるほど不安や戸惑いが現れます。

しかし、2019年にやりたい事がこれ以外に浮かばず、ひとまずこのプロジェクトを自分なりに準備し、実際に体験してみようと思っております。


自分の中のイメージから、外に出てみる旅へ。

みなさんと旅のシェアをしながら、体験していきたいです!


どうぞよろしくお願いします          

                               

                                                   酒井  智美

  • 活動報告

    プロジェクトページを自分の言葉で書き直しました

    2018/12/22 22:38

    活動報告と言えるかわかりませんが、プロジェクトページを自分のコトバであらためて書き直しました☆自分の理想像や社会的にどうか...など不安や緊張があってなかなか「自分の言葉」で素直に書けていませんでした。ハラハラしながらも書き直せて、すこしスッキリしました。理想像のマネになってしまっていました ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください