短編SFアニメ「シンギュラリティ2045」の資金調達のためにクラウドファンディングを利用する。

プロジェクト本文

▼SFクリエイター同盟とは

SFクリエイター同盟は仙台市青葉区を中心に活動する、SF好きの、SF好きによる、SF好きのための秘密結社である。活動目的を以下に列挙する。

➀SFを語り合う。

(説明)SFアニメ、SFマンガ、SF映画、SFゲーム、SF小説などのSF作品を部員で鑑賞し、議論する。(例)新世紀エヴァンゲリオン、攻殻機動隊、シュタインズゲート、レディープレイヤー1、アベンジャーズ、シン・ゴジラ、オールユー・ニード・イズ・キル

➁SF作品をつくる。

(説明)SFアニメ、SF小説などを部員と協力して制作している。今回制作している短編アニメもその活動の一環である。

▼このプロジェクトで実現したいこと

短編アニメ「シンギュラリティ2045」を完成させたい。シンギュラリティとは未来学者のレイ・カーツワイルが提唱した現象だが、人類の全ての知能を汎用人工知能の知性が凌駕することを意味する。つまり、人間(ホモ・サピエンス)よりも高性能なロボットが登場し、テクノロジーが急速に発展する未来のことを意味している。それは予測では2045年に到来すると推測されている。私たちSFクリエイター同盟はその2045年のアンドロイドと人間の関係を描いたアニメを制作したいと思っている。新世紀エヴァンゲリオンが好きなのでその独特の雰囲気も本作品で出したいと思っている。

募集方式について

ALL-In方式で行います。資金が集まらなかったとしても最終的には完成までなんとかこぎつけたいと思います。


コンテについて

コンテはもう完成しています。全てのコンテを以下に画像として載せます。

(コンテNo:1~4)

(コンテNo:5~8)

(コンテNo:9~12)

(コンテNo:13~16)

(コンテNO:17~20)


▼現在の進捗状況

未来都市はほぼできました。動画を以下に載せます。



▼プロジェクトをやろうと思った理由

SFが大好きなメンバーが集まって、話をしているうちに自然とアニメをみんなで制作したいと思うようになった。意味のあるSFアニメにしたいと思っている。

▼これまでの活動

私が最初にSFに興味を持ったのは新世紀エヴァンゲリオン(破)を金曜ロードショーで観たときでした。すり鉢状の金属プレートの上をエヴァが駆け抜けるシーンは衝撃でした。それが始まりでSFアニメに興味を持つようになり、現在に至ってます。

▼資金の使い道

ソフトの費用等々。

現在使っているソフト

maya

ZBrushCore

Blender

・3DCoat

Videopad

これから使いたいソフト

PhotoShop

ソフトの解説

mayaはアニメーションの統合型ソフトです。要するにこれ一つあれば、アニメーションがつくれるという代物です。ただ専門性に特化してないのでmayaだけでつくるのは相当腕がないと無理なようです。

ZBrushCoreはスカルプトソフトです。昔、小学生の時、紙粘土をこねこねして造形物をつくった経験がありますが、それをコンピューター上で行う感じです。

BlenderはMAYAと同じ統合型ソフトです。しかし、寄付で制作費を賄っているのでなんと無料でダウンロードできます。

3DCoatは着色ソフトです。着色に特化したソフトです。

VideoPadはコンポジットソフトです。動画と音声を統合します。

PhotoShopはイラストを描くときに使います。文字などを加工するときに使いたいです。

 

 

▼リターンについて

完成した作品をAVI方式かMP4方式のフォーマットにして送ります。

▼最後に

SFファンが興奮するような作品になるように頑張ります。SFクリエイター同盟では作品制作に携わってくれる同志を募集しています。アニメづくりをしたいという方はご連絡ください。全く初心者でもかまいません。アニメが大好きで作りたいというその気持ち…。最高だぜっ!
また、SFを語りたいという方ともぜひ友達になりたいです。お返事お待ちしております。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください