出産準備にかかる手間を省くため、育児グッズが詰まったボックスを販売します。仕事が忙しく出産準備の時間がない人、初めての妊娠で不安な人、何を買えばいいか分からない人、妊娠中の女性の負担を減らし少しでも不安を解消して、安心して育児に臨めるような環境をつくることが目的です。育児のスタートに"ワクワク"を!

プロジェクト本文

▼プロジェクトをやろうと思った理由

はじめまして。橋本小百里と申します。
2年前に出産をし、現在愛媛県で子育て中です。

妊娠時に、フィンランドでは妊婦さんが国から無料でプレゼントされる育児パッケージがあることを知りました。その中には赤ちゃんのお世話に必要なグッズが一式入っています。育児パッケージと現金どちらかの選択肢がありますが、ほとんどの家庭が育児パッケージを選ぶそうです。日本には現在そのような制度はありません。

[参考]フィンランド大使館_フィンランドの子育て
 
   HuffPost_フィンランドのイクメンたちが世界に伝えたい育児パッケージの効果


※フィンランドの育児パッケージの中身

妊娠中に、産後必要なものを全て調べて揃えるのは時間と労力が必要ですし、心配性な私は生まれるまで不安で、なかなか準備ができませんでした。最近は結婚、出産後も働く女性も増え、産休ギリギリまで働いている方も少なくないと思います。母子手帳をもらうときに自治体から配布される冊子や、雑誌、店頭にあるチラシなど、「出産準備グッズ一覧」と書かれた情報が山ほど入ってきます。

※これは実際に私が自治体から受け取った冊子のリスト。でもほんの一部で、雑誌や店頭でもらうリストにはもっとズラっと書かれた大量の項目が。。

初めての妊娠だとなおさら何を揃えたらいいかも分からず、本当に困りました。

フィンランドの育児パッケージを知った時、もっと早く知っていれば、日本にあれば欲しかったのに...と思ったことがボックスを作りたいと思ったきっかけです。

▼このプロジェクトで実現したいこと

日々忙しく出産準備がなかなかできない、初めての妊娠で何が必要か分からず不安だという妊婦さんへ、made in Japanブランドの育児パッケージを作り、”とりあえずこれがあれば大丈夫”という安心を届けたいと思っています。

出産準備には時間もお金もかかります。出産前の負担を少しでも減らし、安心して育児のスタートをきれるようにしたいです。

ゆくゆくは、自治体の子育て支援サービスや、企業の社員の方への出産祝い(福利厚生?)として導入してもらい、妊婦さんへは無料で手元に渡るようにしたいのです。なので企業や自治体に営業に行きます!

出産後最初の1ヶ月の"これがあれば大丈夫"。
産後1ヶ月経ち、1ヶ月検診が過ぎれば少しずつ外出もでき、買い物にも行けるようにるようになります。

WelcomeBabyBoxは、買い物に行けるようになるまでの赤ちゃんとの生活を支えるものです。

ただ既製品を集めた育児パッケージではなく、育児への"ワクワク感"にこだわりたいため、オリジナル商品をつくりたいと思っています。昨今の北欧ブームに負けない、日本らしいオシャレにこだわります。

すでに、フィンランドのボックスが日本からも購入できたり、amazonなどではベビーボックをを購入することができるようになっています。独自に導入している自治体もあります。

そんな中で、他のとどう違うの?やる意味は?というような声もいただきました。
それで思ったのは、ベビーボックスがたくさんあってもいいんじゃないかっていうことです。ベビー用品やベビー服にたくさんの種類があるように、ベビーボックスにもたくさんの種類があってもいい、選択肢が増えたほうが選ぶ楽しさがあると思うんです。


"安心感"とオシャレな育児パッケージで、"ワクワク"して子育てのスタートを迎えてほしい。

▼ママたちと考える

0〜2歳の子育て中のママたちにアンケートを取り、何が必要だったのか、
こんなものがあったら便利だった、という声をあつめ商品の選定をしました。

その中で、出産準備には結局お金がかかるものだから、こういったパッケージがあれば手間も省けるし欲しかったという声、実際にフィンランドから買おうと思っていたという声があがりました。

自分で好きなものを選びたいというママもいましたが、もちろん好きなものを選ぶ時間と心の余裕があればそれに越したことはないと思います!

ただ、育児パッケージがあることで”安心感”が生まれるかなと思っていて、選択肢のひとつとして日本製の育児パッケージもあるよ、という環境を用意したいと思いました。

▼ボックスの中身

フィンランドの育児パッケージは箱自体がベッドとして赤ちゃんを寝かせることができるようになっていますが、今回考えるボックスは、ベッドとしてではなくおもちゃ箱を想定しています。
ママたちに意見を聞く中で、床に置いた箱の中に赤ちゃんを寝かせるというのは日本の子育てにはちょっと合っていないかなということで、ずっと使えるおもちゃ箱です。
中身は以下の内容を考えています。

短肌着・長肌着・コンビ肌着・ツーウェイオール・おくるみ、ブランケット、紙おむつ、おしりふき、授乳クッション、哺乳瓶、哺乳瓶洗浄グッズ、粉ミルク、母乳パッド、ベビーバス、ベビーソープ、ガーゼ大、ガーゼ小、沐浴剤、ベビー綿棒、爪切り、アルコール消毒、清浄綿、ベビーローション、体温計、鼻吸い器、スタイ、靴下、ミトン、帽子、など

もう少しママたちの声をあつめて中身は詰めていきます!

▼資金の使い道

・HP製作費用
・デザイナーさんへのデザイン費用
・オリジナル商品化にかかる費用
・箱の製作費用
・在庫保管場所の費用


※ロゴやデザインなどはまだまだこれからです。

愛媛は、世界に誇る今治タオルがあり、日本一の紙の生産地です。
タオルやスタイなど大切な赤ちゃんに触れるものは今治タオルのメーカーさんに依頼します。箱も、愛媛の会社さんにお願いをします。
赤ちゃんのデリケートな肌に触れるもの。安心安全にもこだわります!

▼リターンについて

ベビーボックスの価格は5万円前後になるかなとと思っています。
50,000円以上のご支援からベビーボックスをお贈りします。
ベビーボックスはいらないよ、という方には私が実際に手にとって見てチョイスした愛媛の贈り物セットをお贈りします。

▼最後に

いつか日本も、国の制度としてこのパッケージが導入されることを夢見ています。

企業の福利厚生としてベビーボックスを導入できないのかなと考えているのですが、
なにか一緒にできそうだという企業様がいらっしゃったらご連絡いただけるとうれしいです。

  • 2019/02/28 11:41

    ご支援いただいたみなさま。活動報告時間があいてしまってごめんなさい。https://www.welcomebabybox.com/こちらにwebサイトを公開しています。パッケージの中身には、愛媛が誇る今治タオルを使ったもの、肌着には創業100年以上のベビー肌着専門の会社さんの肌着など、すべてM...

  • 2016/10/28 15:50

    みなさまご支援ありがとうございます。 早いものであと3日となりました。 出産準備、何が必要だったか?のアンケートを作成しました。 お子様がいらっしゃる方はぜひ、答えていただければ嬉しいです。よろしくお願いします。 ▼ウェルカムベビーボックスプロジェクトアンケートhttps://goo....

  • 2016/10/23 23:34

    先日(10/17)、リターンの品を追加しました。 愛媛うまれのおもちゃKUMEL(クメル)✨少しずつプロジェクトを広める活動をしています。そんな中で出会ったおもちゃ。 KUMELは、愛媛大学教育学部の研究をもとに開発された知育玩具です。 対象年齢2歳〜大人までと幅広く遊べるおもちゃで、キ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください