私は切り株を掘り起こしたいんだっ!! ~シェアキャンプ場製作~

集まった支援総額
¥61,000
パトロン数
15人
募集終了まで残り
終了

現在119%/ 目標金額51,000円

このプロジェクトは、2016/09/06に募集を開始し、15人の支援により61,000円の資金を集め、2016/10/14 23:59に募集を終了しました

社会に出て疲れた人がいつでも遊びにこれる場所。 自然ともっと身近に触れ合えて仲間と楽しく遊べる場所~シェアキャンプ場~を作る! そのためには、切り株が邪魔なんです!!!

 

もうやってられない

 

それが
ブラック企業で社蓄をしていた私の率直な思いでした。


毎日12時間以上働いて、残業代も出ない。
有休はもちろんない。

これが当たり前なんておかしい!!


そう思って上司に進言しても

「上の立場になってから言え」

の一言で終わり。


世の中おかしい!!


なんでみんな我慢してるの?


なんでみんな消耗してるの?

 

このままじゃ自分が腐っていってしまう。


そう思って、会社を辞めたのが7月の終わりでした。

 

社会で働くことは本当に大変だと思いました。

でも


会社と家の行き来だけじゃ、楽しくない!!


それに耐えられませんでした。

 

もっと
みんなが気楽にいけて、もっと楽しめる場所があればいいのに。


人は苦しいときに、周りの誰かに救われることが多いと思います。


もっと人が楽しめて、いろんな人と関われて、なんでも話せるような場所はないのかな。


そんなことを考える日々でした。


そのとき、学生時代にボランティアスタッフとして活動していたキャンプ場のことを思い出しました。

 

自然の中で、家族同士がいろんな活動をして、みんなが笑顔になっていく。

そんなシーンを何度も見ました。


人にとって、
自然とのふれあい、人とのふれあいはとても大事なんだ!!


そう確信しました。


だから私はキャンプ場を作ることを決意しました。


でもただのキャンプ場ではいまの社会を変えることはできません。


もっと
人と人とが触れ合えるキャンプ場にしたい。


それをかなえるために考えた結果、


みんなでキャンプ場を作ったらどうだろうか?

みんなで共有して所有するキャンプ場はどうだろうか?

というひらめきがありました。


誰かに与えられたフィールドではなく、自分たちで作り上げる。


そうすることで仲間意識もできるし、さらに、みんなで運営資金を出し合う形を作れば、みんなにとって第三の場所になれるんじゃないか。

そう考え、活動を始めました。


場所は京都府の京丹波町。
ここに2400平米の土地を用意しました。


ここを使って、みんなでキャンプ場をつくろう!

そう決めて活動を始めました。

 

具体的なビジョンがあるわけじゃない。


ただ、みんなが気軽にこれて、いつでも火を囲んで談笑できるような場所があったらいいんじゃないかな。


そんな小さな考えが始まりですが、これを叶えるために私は全力でやります!!

 

▼これまでの活動

これまで、何度か友人と足を運んでは、キャンプ場製作に向けて取り組んでいます。

 

 

コンクリートブロックでかまどを作ったり

 

 

 

炎天下のなか、みんなで草刈したりして少しずつ開拓していっています。

 

これからの開拓作業のために、私には切り株を掘り起こす力が必要なんです!

この荒地を開拓して、みんなが自由に活動できる場所を作ります。

野外でハンモック、キャンプファイア、BBQ、鬼ごっこ、かくれんぼ・・・なんだってしていいんです!

ここはみんなの場所だから。

 

ブログなどで自分の思いを発信しており、少しずつではありますが、

一緒にシェアキャンプ場を作りたい!」

そういってくれるメンバーも増えてきています。これからどんどん活動を活発にしていくためにも、切り株と戦う力がほしいんです!

 

▼資金の使い道

 使い道は主に下の2つです。

運転免許の取得資金

詳しくは運転免許ではなく、小型車両系建設機械の運転の業務に係る特別教育というらしいです。

これを受けることで3t未満の建設機械の運転が可能になります。

こちらの受講資金が1万5000円

 

当日のレンタル料金・輸送量

当日ショベルカーを使う際に、購入は難しいのでレンタルを考えています。

レンタル代(作業日数2日予定) 1万6000円(8000円/日)

ショベルカーの輸送費用(往復分) 2万(1万/片道)

 

合計で5万1000円になります。

 

▼最後に

 

私は、この社会で働く人たちは本当にすごい人ばかりだと思っています。

日本の労働環境は先進国の中で決して良いものではないかもしれません。しかし、日本の労働者の方は本当にすばらしい人たちばかりで、毎日必死にがんばっていることを知っています。

日本人の平均時間外労働(残業)は月に47時間と言われています。しかし、厚生労働省が発行している時間外労働の上限は月に45時間です。

それだけみんなが長時間働いている中で、人との関わりや自然との関わりは失われていっていると思っています。

 そこでシェアキャンプ場を作ることで、その人たちに、すこしでもくつろげる場所。いつ行っても、そこには仲間が居る場所。ついつい毎週行ってしまうような場所。

 

そんな第三の場所としてシェアキャンプ場を作り上げたいと思っております。

 

みなさんどうかよろしくお願いします。