鳥取県米子市で毎年秋に開催している米子映画事変。そのゲストの方々に、米子の美味しいものを食べて喜んでもらいたい!普通なら簡単にはできない、ゲストに御馳走をもてなすことができます!御礼は、アナタのご支援によるゲストが楽しんでいる写真です!

プロジェクト本文

▼はじめに…

まず、「米子映画事変」とは!?

こちらをお読みください!↓

米子映画事変とは

“ポップカルチャーの街”に

米子には何があるのか? 周辺には「歴史」の松江、「妖怪」の境港、米子には??? 米子の売りは“現在進行形の文化”にあり! 地元の人たちと一緒に米子を文化で盛り上げる。


映画祭にとどまらない“大文化祭”

米子映画事変の一つの柱は自主製作映画。しかし映画を総合芸術ととらえ、漫画・写真・ファッション・音楽……とにかく何でもアリ、参加したもん勝ちの街全体を巻き込んだデッカイお祭り騒ぎを決行。


なぜ、“映画”なのか?

誰でも参加できる、それが映画作りの醍醐味。

撮影する人、演じる人、指導する人、もちろん必要。でも、運転する人、弁当を手配する人、機材を持つ人も同じくらい重要。あなただって映画は作れる! 映画作りは仲間づくりでもある。


米子が変われば“世界も変わる”?

米子は現代日本・地方都市の縮図。

米子映画事変の成功は、地方都市活性化の突破口に! 米子の元気は日本の元気に果ては世界へと続く!!

米子映画事変公式サイト→http://yonago-eiga.com/


2011年に第1回目を、それから毎年秋に開催して今年でもう8年目となりました。

毎年、各方面のクリエイターや様々なゲストが集います。そして、こうした方々と観客・スタッフの距離が物理的にも心理的にも近いことも特徴です。この距離の近さから、様々な交流やそこから生じる「化学反応」をもたらし、そこからさらなる活動を創出する起爆剤となり、地域の活性化に寄与すると考えます。

我々はこれを『交遊』と呼び、米子映画事変の理念としています。


▼そして…!

上記のとおり、毎年、県外・市外からの来場者が増えている米子映画事変。

しかし、せっかくお越しいただいたゲストのみなさんが、鳥取米子の美味しいものを食べずに帰るなんてもったいない!

そして毎年出演してくださっているゲストの方々もいらっしゃいます。

毎年たくさんの方々にご支援を頂いていますが、お招きしたゲストに地元の特産品をご馳走する余裕がなく、いつも申し訳無さとちょっとした後悔がございました。

それと同時に、「わたし、あの人(ゲスト)にご馳走したかったのに」という声もあり、県外の方も当日会場にお越しいただけない方にもお気持ちを受け付けられるよう、クラウドファンディングに挑戦いたします。

 

▼米子にはオイシイものがいっぱい!

米子市は、日本海、中海、そして大山に近く、海山の幸に恵まれた土地です。米子の人は一言目には「米子には何もない」とこう言います。たしかに大きな史跡や文化遺産、テーマパークはないけれど、懐かしい街並みやおいしい食材など、たくさんの「いいもの」がそろっているのです。 

第八次 米子映画事変の開催日程は、11月23日~25日。この時期は、松葉ガニ(ズワイガニ)の漁が解禁されています。地元ならではの新鮮さで、食べていただけます。

また、もう一つの目玉としては「第11回全国和牛能力共進会」(平成29年9月7~11日)において、鳥取和牛が「肉質日本一」の評価を受けたことから、この鳥取和牛を楽しんでいただくことも考えています。

 

ゲストに美味しい米子を存分に味わっていただきたい!

そんなおもてなし企画です。


▼資金の使い道

第八次 米子映画事変のゲストの皆さんに、昼・夜の2部構成でそれぞれ、是非食していただきたいものをご用意。
ゲストの皆さんに、交友と楽しい時間を提供します。

All-In 方式 


〇イベント日時

2018年11月24日(土)
昼の部:肉コース 11時〜13時


夜の部:蟹コース 20時〜22時


〇開催場所・コース

昼の部:「とにかく肉だよ、疲れたり悩んだら肉!明日の血となり肉となれ!」

夜の部:「蟹取県まで来ておいて蟹食べずに帰るなんてそんなんありえんし!」


▼リターンについて

ゲスト集合写真1枚 

ゲストソロ写真1枚(誰のが入るかはお楽しみ)

ゲストのみなさんの寄せ書きポストカード(印刷)

イベント後に郵送でお届け


▼最後に・・・

米子映画事変が初めて挑戦するクラウドファンディング。
お越しになるゲストに楽しいひとときをっ!
ますます米子を好きになってもらいたいっ!

どうか皆様、是非ご支援のほどよろしくお願いいたします!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください