スノーボードムービープロジェクト「MIZOU」。好きな仲間、好きな場所で、好きなだけ遊ぶ。そんなスノーボード本来の、「自由でかっこいい」部分を映像に収め、大好きな音楽や絵などのアートを乗せ、自分達を表現する。そうやって出来たものに自分自身感動したいし、見てくれている人たちに感動してもらいたいです。

プロジェクト本文

初めまして。僕の名前は安永 楓と言います。
突然ですが皆さんは「スノーボード」は好きですか?
きっと大会でのテレビ中継や、スポーツ用品店などで目にした事はあると思います。確かにスノーボードを有名にしたのはそういった媒体なのは間違いありません。
しかしスノーボード本来のカタチとは、アートでありファンな部分が魅力的な、最高の遊びだと思います。
テレビで観られる「びっくり映像」よりもインスタグラムで観られる「お遊び映像」の方が見ていてワクワクするし、行ってみたい!と感じた事はありませんか?
僕はスノーボーダーとして、クリエイターとして、「MIZOU」というプロジェクトの中でスノーボード本来の「自由でカッコイイ」部分をダイレクトに感じられる「スノーボードムービー」を作り、沢山の人へ感動を与え、スノーボードへの興味を持ってもらえると信じています。

では、少し長くなりますが、具体的僕がやりたい事と、僕の熱い気持ちを、引き続き聞いて頂けたら幸いです。

MIZOU crew


この冬(2019/1月〜5月前後)の間ひたすらスノーボードムービーの為の撮影をします。

スキー場で滑る事もありますが、基本的には雪の降った街の中へ行きスコップで雪かきや、スピードをつけるための台や、コースなど、自分たちの手で滑るスポットを作ります。

コンセプトは「遊び」です。

小学生の頃バットとグローブと野球ボールを持って公園に出かけるカジュアルなテンションを大事にしています。


カメラは動画向けの一眼レフを3台使って、ライダー(滑り手)がやりたい技が映える撮り方をメンバーで話合いながらアングルや撮り方を決めます。

滑る場所を探す。スコップで設営。技を考える。カメラアングルを決める。撮影スタート。 という順番を繰り返します。

このように繰り返して少しづつ貯めた映像は、シーズンが終わり1つの作品(1時間弱予定)にします。僕達MIZOUが2019シーズンに感じたバイブスや感動が伝わる映像にしたいと思っています。

出来上がった作品は2019年の秋に公開予定です。

僕のお話をします。

僕はプロスノーボーダーという肩書きを持っています。ですがあくまでも肩書きなんです。まだまだ、ご飯を食べていけません。

ですが、ニュースで見るようなスポーツ選手のような契約金は期待していません。

ただ、やりたい事をやる。そんな男であり続けたいです。

それができるなら、「プロ」って肩書きなんてクシャっと丸めて燃えるゴミ袋に入れて捨てます。

自分達が信じている熱いバイブスのために体を張りたいんです。

その先に何が残るかはわかりません。だけど、スノーボードをしてる自分が一番好きでその自分をみてもらいたいと思っています。これが僕らの原動力です。

ですが、カッコいい事を言っても正直お金が無いとエネルギーになりません。ご飯を食べてよく寝て全力でスノーボードをしたいんです。より良い映像を作りたいです。見てもらいたいです。感動してもらいたいです。

ただただ、このバイブスを共有できる方達と一緒にスノーボードムービーを作りたいです。

KaedeYasunaga(@naptimekaede)& Kuya Kubota(@kuyakubota)

手作りのスノーランプセッション


MIZOUのこれまでを紹介させて頂きます。スノーボードムービーを作ってきました。
2017年は北海道をメインエリアに1つのムービーを。【”MoNoToNe NoTe”】

MoNoToNe Note (link:YouTube)


2018年は新潟県をメインエリアに1つのムービーを。【MIZOU 2018】

MIZOU2018 (link:YouTube)


「MIZOU2018」の写真も数枚紹介します。僕の中での思い出深い写真です。

Hiroki Hoshi (@hiroki_nts)

Shota Sakamoto (@shota_mizou)

Hayate Yasunaga (@nappin_zzz)

Shota Sakamoto (@shota_mizou)

Kaede Yasunaga(@naptimekaede)

All photo by Hiroshi Kamiyama (@kmym_)

2018年には新潟県南魚沼市にある石打丸山スキー場にて「Battlegram2018」というスノーボードイベントを開催しました。来場者数は「昼の部」では64人、「夜の部」では108人でとても盛り上がり。天気のいい中最高の仲間たちと集まってやれるスノーボードが大好きです。

Battlegram2018 フライヤー

Kai Tominaga (@kai_tominaga)

Battlegram2018 集合写真。


Battlegram2019も開催決定です。詳しくはMIZOUインスタグラム(@_mizou_)

にてアップしていきます。その他楽しんでもらえるように日頃の写真や動画もアップして行くので是非チェックしてみて下さい。


リターンの製作や目標金額を上回った場合には、より良い撮影ができるような環境づくりの資金に使わせていただきます。

今回ご支援下さった皆様の為だけに、僕がデザインをさせて頂きました。Tシャツと、フード付きのプルオーバーパーカーです。

それから全てのリターンには、「2019秋公開のMIZOUスノーボードムービー」(仮)の映像のエンディングに、感謝の気持ちと、一緒に映像を作った証としてお名前を記載(クレジット)させて頂きます。

(名前出しの可否についてはメールにて確認を取らせて頂きます)


終わりに。

ここまで僕の話を聞いて下さってありがとうございました。このプロジェクトの募集方式は「All-in」でやらせて頂きます。


僕はバイト先の先輩に就職していない事をバカにされました。

ふと、「あ、そうか僕は普通じゃないのか」

と思いました。

ここまで読んで下さってるあなたもきっと普通じゃないのでしょう。

ここでは普通といのは多数派という意味での話です。

僕の場合、スノーボードをしている時の興奮。仲間と分け合う震えるくらいの感動。それが好きで生きていて、1人でも多くの人と共有したいんです。

普通じゃなくて結構です。

高校の時の友達がちゃんと大学でて就職して趣味でスノーボードを始めて久々に連絡を取り合い、去年の冬、わざわざ7時間の運転をして新潟までやってきたものだから、一緒に滑りに行きました。

自分達の事を言うのは恥ずかしいけど、「MIZOU本当に最高っ!!」てはしゃいで。

とても楽しんでくれたみたいで良かった。

先週、メッセージをくれました。

「もうすぐ仕事やめて雪山にこもるよ」

ただただ、感動です。

この感動

あなたとも、是非。

ありがとうございます。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください